The Significant Others, Part "A"(WIP)

https://scp-wiki.wikidot.com/the-significant-others-part-a rev.68


/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

評価: 0+x

The Significant Others, Part "A"


Asterisk43.png

2020年

9月7日

6:49 AM


He opened his eyes.
彼は目を開いた。

He sighed.
彼はため息をついた。

Eighteen years, and I still open my eyes when I wake up. You'd think I'd know better by now.
18年。まだ目覚めるときには目を開く。僕がそろそろ分別を持つべきだって思ってるんだろ。

He rolled into a slouch on the edge of the bed, squinting, and chanced a peek between his legs. Left slipper, don't look, right slipper, close your eyes. With a series of grunts and low popping sounds from both knees, he shuddered to his feet and stretched.
彼は転がってベッドの端にかがみ込み、目を細めて両脚の間をチラリと見ようとした。 左スリッパ、見るなよ、右スリッパ、目を閉じろ。 両ひざからうめくような音とポキポキとした低い音がして、彼は足を震わせてストレッチした。

Once he was sure he wouldn't pass out — it was a close thing — he allowed his muscles to lead him to the washroom by memory. A familiar voice growled at him from the bedside table, but he didn't look and he didn't really listen.
気を失わないだろうと確信すると — あと一歩でそうなっていた — 彼は記憶を頼りに筋肉を使って手洗い場に向かった。耳なじみの声がベッド脇のテーブルから彼にうなったが、彼は見向きもせず聞き流していた。

When he felt the slippers sliding on tile, he slowed his pace. When he bumped his knees against the towel draped over the sink cabinet doors he stopped, took a deep breath, and opened his eyes once more.
スリッパがタイルで滑るのを感じると、彼は歩調を緩めた。膝が流し台に掛けられたタオルに当たると彼は足を止め、深呼吸をして、もう一度、目を開いた。

The washroom mirror was filled with a dull grey face which wasn't his, and it was screaming silently from a mouth which wasn't really a mouth but was really a jagged gash in its wrinkled, overlarge skull. Two more scars, these ones vertical, flexed open and closed like madly blinking alien eyes as the mouth-gash rippled and the monster in the mirror continued its mute roar.
手洗い場の鏡は、彼のものではないくすんだ灰色の顔で満たされ、それはしわの寄った大きすぎる頭蓋にある口から、実際には口ではないギザギザの傷から静かに叫んでいた。もう2つの縦に立った傷が伸縮して狂ってまばたくエイリアンの目ように開閉し、口のような創が波打って鏡の中のモンスターは音もなく吠え続けていた。

"Good morning, Doug," he said to it as the roar became audible, steadily increasing in both volume and pitch.
「おはよう、ダグ」彼がそれに言うと、叫び声は聞こえるようになり、音量と音高は着実に上がっていった。

He reached for his toothbrush.
彼は歯ブラシに手を伸ばした。


Asterisk43.png

7:29 AM


"JM64," he said. "Philip E. Deering." An audible, tangible click reverberated through his ID card, and he leaned back from the reader. As the card flopped over his jumpsuit zipper, hanging around his neck from a lanyard, he noticed the shift supervisor at the duty desk staring at him.
「JM64」彼は言った。「フィリップ・E・ディアリング」聞き取れる明らかな音が、カチッとIDカードから鳴り響き、彼はカードリーダーから身を起こした。カードが首掛けひもにぶら下がってジャンプスーツのジッパーを覆ったとき、彼はシフトの上司がワークデスクから彼を見つめているのに気づいた。

"What?" he said.
「何です?」彼は言った。

"Philip. E. Deering?"
「フィリップ・イー・ディアリング?」

Phil shrugged. "It's my 43NET login, so it's what I have to say." He punched a small white button on the card reader, waited for another, louder click and swung open the now-unlocked locker. There was a battered tablet in a shock-proof casing inside; he pulled it out.
フィルは肩をすくめた。「僕の43NETログインです。なのでそう言わないといけません」彼はカードリーダーの小さな白いボタンを叩き、カチッと別のさらに大きな音を待って、ちょうどロックが解除されたロッカーを引き開けた。中には耐衝撃ケースに入ったバキバキのタブレットがあり、彼はそれを引き出した。

"Why haven't you changed it? It's simple paperwork."
「どうして変えないんだ? 簡単な書類仕事だぞ」

"Who cares?" He turned the tablet on. "It's just one extra letter, and it is one of mine."
「誰が気にするんです?」彼はタブレットを起動した。「ただ1個文字が多いだけですし、この1文字僕の名前の1文字です」

"I just think I'd streamline the process, if I had to say something every single day for eighteen years."
「18年間も毎日何か言わなきゃならなければ、私ならそのプロセスを効率化させるだろうな」

Though he was looking down at the tablet, logging into 43NET, his eyes nevertheless narrowed. "Twenty-one years, Ruya." He scrolled through his daily duties, unsurprised to see that they matched the previous day's precisely. "Eighteen years, you're thinking of the other guy." He jerked one thumb at a large square mirror on the locker room wall, picturing rather than perceiving it: bordered in red and black, a Foundation logo stamped in one corner with "SO-5056-01-M120" and "DO NOT REMOVE" in bold text below, entirely filled with a scowling grey countenance.
彼はタブレットを見下ろして43NETにログインしていたが、それでも目を細めていた。「21年です、ルヤ」彼は日課をスクロールした。日課が前日と全く同じであることには驚かなかった。「18年は別のヤツのことでしょう」彼はロッカー室の壁にかかった大きな正方形の鏡に親指をバッと向け、鏡を認識するというよりも描写した。赤と黒で縁取られ、隅には財団のロゴと下に太字で「SO-5056-01-M120」と「取外禁止」とあり、顔をしかめた灰色の表情で完全に満たされていた。

"They're forgetting you, Philip," that familiar voice growled. "Minute by minute."
「彼らはお前を忘れているのだ、フィリップ」その耳になじんだ声はうなった。「1分ごとにな」

Phil swung the locker shut and nodded at nothing in particular. "Doug says 'Hi'," he said, and he headed out to begin his shift.
フィルはロッカーを叩き閉め、特に何に対してでもなくうなずいた。「ダグは『やあ』と言ってます」彼はそう言い、シフトを始めに発った。


Asterisk43.png

8:37 AM


Phil tapped the translucent pipe with his flashlight, frowning.
フィルは懐中電灯で透明なパイプを叩き、眉をひそめた。

"Good morning, Mr. Deering." The words were just this side of a yawn. Phil looked up.
「おはよう、ディアリングさん」その言葉はほとんどあくびのようなものだった。フィルは見上げた。

"Oh. Hey, Dr. Blank. You're up early."
「ああ。どうも、ブランク博士。早いですね」

Harold Blank was a slightly podgy, more than slightly disheveled middle-aged man with too much facial hair, too much hair in general and a pair of too-large black-rimmed eyeglasses. He clapped Phil on the back, too hard, and said "Got a lot of work to do. It's apocalypse eve in the Great Underground Empire, you know."
ハロルド・ブランクはややずんぐりした、ややどころではなくだらしない中年男性で、やたら髪が多く、やたら全体的に毛量が多く、やたら大きな黒縁眼鏡を付けていた。彼はフィルの背中をやたら強くはたき、言うことには「やるべき仕事をたくさん受けてな。知っての通り、今日は大地下帝国のアポカリプス・イヴだ」

Phil blinked.
フィルはまばたいた。

"Wow. Did you actually forget?" Dr. Blank's bushy, unplucked eyebrows went up a notch.
「おおっと。本気で忘れてたのか?」ブランク博士の生い茂った毛抜きしていない眉毛は1段上がった。

Phil looked down at his tablet. September 7. "Well," he said. "Shit."
フィルはタブレットに目を落とした。 9月7日だ。 「あー」彼は言った。「クソ」

"Yep. All you non-ghost, non-Keter-Duty losers need to be in quarters by eighteen hundred hours tomorrow or the magic explosions will eat you." Blank grinned. "You lovebirds got anything planned for your anniversary?"
「そうだ。亡霊でもKeter任務を任された負け犬でもないのは全員明日のヒトハチマルマルまでに宿舎にいなきゃならない。さもなくば魔法の爆発がお前を食っちまう」ブランクはニカッと笑った。「お前らカップルは記念日に何か計画してるのか?」

Phil watched the pipe. It was swimming with a heterochrome gas, dark orange and lime green, and there were specks of what looked like ash suspended within it. There was also a tiny grey face attached to a tiny grey torso, the rest of its body lost around the receding edge. It was pulling a ridiculous face at him.
フィルはパイプを見た。パイプには多色の、暗いオレンジとライムグリーンのガスが流れていて、灰のようなシミが中でこびりついていた。さらに、小さな灰色の体にくっついた小さな灰色の顔があり、体の他の部分は奥まる縁のあたりでなくなっていた。それは彼に向けてバカげた顔を投げかけていた

"Eighteen years is what, porcelain?" said Phil, flashing his light on the pipe. The gas colours inverted; the specks disappeared; the apparition was momentarily obscured. "I'll get him a coffee cup, let him go for a swim in the morning."
「18年が何だ、陶器さんよ?」フィルはそう言いながら、ライトでパイプを照らした。ガスの色は反転し、シミは消え、幻像は一瞬見えなくなった。「奴にコーヒーカップをやって朝に泳がせてやるか」


Asterisk43.png

7:29 PM


"Give it to me."
「それ、渡してちょうだい」

Several obvious responses jockeyed for Phil's attention; he carefully selected none of them. "Orphic outflow's recondite-positive again," he said instead, scrolling aimlessly on the tablet.
いくらかの露骨な反応がフィルの注意を得ようとしたが、彼は注意深くどれも選ばなかった。「秘妙排出物の幽遠陽性が再開した」代わりに彼はそう言い、あてもなくタブレットをスクロールしていた。

"No big surprise there." Amelia Torosyan, Janitorial and Maintenance Section Chief for Site-43, leaned back in her cheap plastic chair. "What with the big bang tomorrow, and all."
「それを見ても何も驚くようなことはないでしょう」サイト-43清掃・保守セクション長のアメリア・トロシヤンは、安物のプラスチック椅子にもたれかかった。「明日のビッグバンのことだけでしょ」

"Yup yup." He blinked; he sighed. "Can you read the rest of this?" He held out the tablet.
「まあそう」彼はまばたき、ため息をついた。「この残りを読んでもらえるかな?」彼はタブレットを渡した。

"Sure," she said, sitting forward again. "Why?"
「もちろん」彼女はそう言いながら、再び前かがみになって座った。「どうして?」

"Doug." His voice was flat. "The whole screen was Doug."
「ダグだよ」彼の声は淡々としていた。「画面全体がダグなんだ」

Amelia nodded. "I wondered where he went." She glanced at the wall-mounted mirror to her left; it once again contained a glowering grey figure, peering intensely at the man with the wire-framed glasses and salt-and-pepper stubble standing in front of her desk.
アメリアはうなずいた。「彼がどこに行ったのか不思議だったけれど」彼女は左側の壁掛け鏡を見やった。鏡には再びにらみつけている灰色の姿があり、彼女のデスクの前に立っているワイヤーフレームの眼鏡を付けたゴマ塩の無精ひげの男を激しく見つめていた。

Phil watched her perusing the concise details of his day's activity, dimly aware that Doug was emitting a low hum which was making his teeth vibrate.
フィルは自分の日課の簡潔な詳細を彼女が検めているのを見ながら、ダグが低いハミングをして歯を震わせていることにぼんやり気づいていた。

Your teeth are vibrating, he thought. Your teeth are vibrating and you're only dimly aware of it.
あんたの歯は震えている、彼はそう思った。歯が震えているのに、あんたはぼんやりとしか気づいてない。

He was fully, painfully aware, as he always was, that Amelia Torosyan was beautiful. Her dishwater-brown hair was slicked back over her head, her ruby red jumpsuit was almost as shapeless as his orange one, there was redness around her eyes and deep, dark bags below them, and her smile was the second-worst thing which had ever happened to him.
彼は、いつもながら、アメリア・トロシヤンが美しいことに十分、痛ましいほど気づいていた。彼女の茶髪は頭をなでつけ、ルビーのジャンプスーツは彼のオレンジのそれとほぼ同じくらい不格好で、目とその下の深く暗いクマの周りには赤みがあり、その笑顔は彼に起きたことの中で2番めに悪いことだった

She tossed the tablet onto the desktop. It landed with a muted thump. "Looks good," she said, smiling. "Still don't know how you manage it."
彼女はタブレットを机の上に放り出した。タブレットは静かにトスンと着地した。「いいね」彼女はほほ笑んで言った。「あなたがどうやってこれを管理してるのかいまだにわからないけど」

"It," he said, "manages me."
それが」彼は言った。「僕を管理してるんだ」

"She hates you," Doug snarled.
「彼女はお前を嫌っている」ダグはどなった。

She was looking at the mirror. "What did he say? I'm still no good at scar-reading."
彼女は鏡を見ていた。「彼は何て言ってるの? まだ読創術はうまくできない」

"He says you hate me." He watched her carefully.
「彼は君が僕を嫌っているって言ってる」彼は注意深く彼女を見た。

She nodded, pursing her lips and widening her green-blue eyes at him. "Well, he's an expert on Philip E. Deering, but he doesn't know jack shit about Amelia Torosyan." She tilted her head in the direction of her filing cabinet, against which a collection of tablets like his were stacked haphazardly. "Of all the techs, I hate you the least."
彼女はうなずき、口をすぼめながら彼に向けて青緑色の目を見張った。「うーん、彼はフィリップ・E・ディアリングの専門家だけど、アメリア・トロシヤンに関しては全くわかってない」彼女はファイリングキャビネットに向かって頭をもたげた。そこには彼自身のもののようなタブレットの山が無造作に積み上がっていた。「技術面に関しては、一番嫌ってはいないかな

"Thanks, boss," he said. He could feel his colour rising; he turned to go. "The stick up your ass is shorter than the ones the other Chiefs have."
「ありがとう、ボス」彼は言った。彼は顔が赤くなっているのを感じ取れ、立ち去ろうとした。「君の石頭は他のセクション長より石頭だね」

"Sentence structure," she said. He heard her kick her booted feet up on the desk. "Ask Mirror Master to help you with your diction."
「文法構造」彼女は言った。彼は、彼女がデスクに乗せているブーツを履いた足を蹴ったのを聞いた。「ミラーモンスターに言葉づかいを助けてもらうよう言ってね」

"Doug doesn't do fun insults." Phil stuffed his hands into his jumpsuit pockets and leaned on the doorframe, looking out at the empty J&M breakroom. "He goes for the throat every time."
「ダグはおもしろい侮辱なんかしないよ」フィルは手をジャンプスーツのポケットに突っ込んで扉枠に寄りかかり、無人のJ&M休憩室を眺めた。

A moment passed.
少しの間が過ぎた。

"Good night, boss," he said, looking over his shoulder.
「おやすみ、ボス」彼は後ろを振り向きながら言った。

"Good night, Phil."
「おやすみ、フィル」

He pushed off the doorframe and started walking.
彼はドアフレームを押しやり、歩き始めた。

"She hates you," said Doug.
「彼女はお前を嫌っている」ダグがそう言った。

As he walked through the breakroom, he distinctly heard Amelia say "Shoo." Before the second syllable was out, the apparition had already blinked into the water cooler jug beside him.
彼が休憩室を通り過ぎると、アメリアが「シッシッ」と言うのを遠くで聞いた。次の言葉が発せられる前に、幻像はすでに彼のそばの水差しでまばたいていた。


Asterisk43.png

2002年

9月8日

7:29 AM


"JM64," he said. "Philip E. Deering." He held his ID card up to the plexiglass.
「JM64」彼は言った。「フィリップ・E・ディアリング」彼はIDカードをプレキシガラスに向けて持ち上げた。

The clerk glanced at him, nodded, and punched a few buttons on his console. With a sound like an old cash register totalling up a massive sale, a narrow slot in the wall produced a long, thin stream of paper imprinted with bold, blocky text. When it was fully disgorged, Phil tore it off.
事務員は彼を流し見て、うなずき、コンソールのボタンをいくつか叩いた。古いレジが大量の売上を勘定するような音がして、壁の狭いスロットから、太字のドット文字が印字された細長い紙が流れ出た。紙が完全に吐かれきったとき、フィルはそれをちぎった。

"Thanks."
「ありがとうございます」

"Banerjee's getting that award tomorrow," said the secretary.
「バネルジーは明日あの賞を貰います」と事務員は言った。

"Mhmm." Phil glanced over his daily orders. "Lucky him."
「ううーん」フィルは一日の指令をざっと見た。「幸運ですね」

"Maybe it's not luck. Maybe he works harder than you do."
「おそらく運ではないでしょう。彼はあなたより頑張ったのではないでしょうか」

"Oh, absolutely." Phil rolled up the printout and stuffed it into his uniform jacket. "I'm lazy as shit, and that was just a figure of speech." He headed for the locker room.
「ああ、全くです」フィルはプリントを丸め、制服のジャケットに詰め込んだ。「僕はクソみたいにのろまですし、これは言葉の綾に過ぎません」彼はロッカー室に向かった。

We get what we deserve.
僕たちは己にふさわしいものを得られるんだ。


Asterisk43.png

6:21 PM


Phil rubbed the thigh of his polyethylene suit, trying to get enough friction going to scratch a vicious itch. "Fuck," he muttered into the screen of his helmet. It fogged up. Fuck. He knelt down to retrieve the hose.
フィルはポリエチレンスーツの太ももをさすり、いやらしいかゆみを十分掻けるほどの強さでこすろうとした。「クソッ」彼はヘルメットの前面に向けてつぶやいた。前面が曇った。 クソッ。 彼はひざまずいてホースを取り上げた。

The concentration cell in Acroamatic Abatement Facility AAF-D was, theoretically, the most dangerous of an incredibly dangerous series of rooms. It was two cubic metres of untreated concrete, stained pitch black, accessible only from the vault-locked door which yawned open behind him. There were all of two things in the room: his own augmented self and the wheeled metal frame he'd brought with him, in which he now stood. It hummed slightly.
玄妙除却施設AAF-Dの濃淡室は、理論上大変に危険な多くの部屋の中で最も危険な場所だった。打ち放しのコンクリートでできた2立方メートルの大きさで、真黒に染みつき、彼の背後で大口を開けている金庫扉からのみ入ることができた。部屋には2つ — 強化された彼と連れてきた車輪付き金属フレーム — しかなかった。彼は今フレームに立っていた。それはわずかにハム音を出していた。

He reached over his shoulder and turned the faucet on the tank slung across his back, and the hose shuddered to life. Nothing visible came out; it was coming out with a great deal of force, however, and a growing pool of thick white fluid now pooled beneath his feet.
彼は肩に手を伸ばし、背中にかかっているタンクの蛇口をひねると、ホースは身震いして活力を得た。目に見えるものは吐き出されなかった。しかしながら、ホースは莫大な力を出し、濃い白色の流体の水たまりが彼の足元にたまっていっていた。

He raised the hose and cranked the faucet, hard.
彼はホースを持ち上げ、蛇口のクランクを強く回した。

A radiant spray of white something erupted from the empty space one foot in front of him, splattering on the black concrete and gradually lightening it. He extended the hose so that the nozzle was outside of the frame; the abatement fluid was now visibly spurting from its tip. Surely there's a way to describe that without it sounding filthy. He pulled the nozzle back again; within the humming frame, the fluid again became invisible. It never got old, seeing that.
白い何かの輝くしぶきが彼の1フィート手前の何もない空間から噴き出て、黒いコンクリートにはねかかり徐々にきれいにしていった。彼はホースを伸ばし、ノズルをフレームから出した。今や除却液が先端から噴き出ているのが目に見えた。 これを汚く聞こえずに説明する方法は明らかにあるはずだ。 彼はノズルを再び引き戻した。ハム音を立てるフレームの中では、流体は再び目に見えなくなった。いつ見ても新鮮な光景だった。

"Work is its own reward," he muttered.
「労働はそれそのものが報酬だ」彼はつぶやいた。

Whatever was in the hose was slowly dissolving whatever was making the concrete so dark. Random wizard shit. Acroamatic Abatement, what his colleagues called the Sorcery Sewer, was a vast refinery for what the Applied Occultism Section called "esoteric effluence." This was the dreck produced by too many impossible artifacts and beings contained in too close proximity. Magic statue cack, magic mask drool, magic bug sand, magic god goop. AAF-D had been constructed to precise occult specifications, so that the otherworldly unpleasantness which would otherwise seep out and suffuse the entire facility manifested instead within this confined, controllable space. It had sloped floors, and it had a drain.
ホースの中にあったものは、コンクリートを黒くしているものをゆっくりと溶かしていった。 尋常じゃない魔法のクソだ。 玄妙除却は、同僚は咒術処理場と呼んでいるが、応用隠秘学セクションが「深妙廃棄物」と呼ぶもののための広大な精製所だった。これはあまりにも多い不可能アーティファクトやあまりにも近いところに収容されているものが生成したゴミクズだった。 魔法の彫刻のクソだの、魔法のマスクのヨダレだの、魔法の虫の砂だの、魔法の神のぬめりだの。 AAF-Dは正確な隠秘的仕様書に沿って建造され、そうしなければ浸出して施設全体を満たしてしまう異世界的厭忌が代わりにこの限定された制御可能な空間に出現できるようになっていた。ここには汚泥にまみれた床があり、排水管があった。

Phil called it the Gunk Tank.
フィルはここを不浄槽と呼んでいた。

I'll try calling home again tonight, he thought. He waved the hose back and forth, imagining he was watering a garden… no, conducting an orchestra. Tchaikovsky, maybe. He almost imagined he could hear the cannons, booming in the distance.
今夜もう一度家に電話してみよう、 彼は思った。彼はホースを前後に波打たせ、庭で水やりしているのを……いや、オーケストラを指揮しているのを想像した。チャイコフスキーだ、多分。大砲が遠くでとどろくのが今にも聞こえてきそうだった。

He could definitely hear the cannons. And they were getting closer.
彼は確かに大砲の音を聞いた。それは近づきつつあった。

"FUCK FUCK FUCK FUCK"
「クソックソックソックソッ」

Phil turned around, still blasting the whitening walls. The hallway beyond the vault door was brighter than it had been when he'd pushed the frame in; it was also upside-down.
フィルは、きれいにしている壁にいまだに打ち付けながら後ろを向いた。金庫扉の向こうの通路は、彼がフレームを押し込んだときよりも明るくなっていて、逆さまにもなっていた。

He blinked.
彼はまばたいた。

No, it wasn't upside-down, it was… two-dimensional? No, it was three-dimensional. No, it was f-
いや、逆さまではない。これは……二次元? いや、三次元だ。いや、四-

He closed his eyes.
彼は目を閉じた。

"FUCK FUCK FUCK FUCK"
「クソックソックソックソッ

He opened his eyes. A man he thought he recognized appeared in the vault door, wearing a Security and Containment agent's uniform, a terrified expression, and what appeared to be several men's worth of blood. No, it wasn't blood, not unless blood came in all colours of the rainbow at once.
彼は目を開いた。彼が男だと認識したように思ったものが金庫扉に現れた。保安・収容エージェントの制服を着て、恐怖の表情を表し、数人分の血のようなものをかぶっていた。いや、それは血ではなかった。血が一度に虹の全ての色になっていない限りは。

As Phil stared at him, the not-blood turned a uniform vermillion and began drifting upwards, gently stippling the hallway's tile ceiling.
フィルが彼を見つめると、血でなしは制服の朱色となって上方に漂い、通路のタイル張りの天井に優しくまだらを付けた。

"What," said Phil, and then he stopped. He stopped because his hazmat suit had crumpled up against his body like a paper bag, and for a moment he thought he couldn't breathe. He also stopped because the man in the doorway had also crumpled up like a paper bag, only he wasn't wearing a suit.
「何なんだ」フィルはそう言って、止まった。止まったのは、防護服が体に対して紙袋のようにひしゃげ、一瞬息ができないと思ったからだった。他にも、扉にいた男もまた、防護服を着ていないというだけで紙袋のようにひしゃげたからだった。

There was a bright flash in the hallway, and the spray from the end of Phil's hose ha ha blew back against his face mask, obscuring his vision, and the last thing he thought was Weird, I'm in the frame, I shouldn't be able to see that.
通路に明るい閃光がほとばしり、フィルの鼻の先から出た ハハ というしぶきがフェイスマスクに吹き付けられて視界を覆った。彼は最後に考えた。 妙だ。僕はフレームの中にいるんだからこれが見えないはずだ。


Asterisk43.png

9月9日

6:15 AM


He opened his eyes.
彼は目を開いた。

"Good. You're awake." A pleasant alto voice.
「おはよう。目が覚めましたね」心地のいいアルトの声。

He was staring at a ceiling. He was lying in a bed. He recognized these clichés.
彼は天井を見つめていた。彼はベッドに横たわっていた。彼はこういった常套表現を知っていた。

"Hospital," he croaked. He cleared his throat. "Why am I croaking?"
「病院」彼はしゃがれた声を出した。彼は咳ばらいをした。「どうしてしゃがれ声(croaking)なんか出たんだ?」

"Because you almost croaked." The voice belonged to Dr. Emilié LeClair, a perpetually tired-looking middle-aged woman in a labcoat presently standing to the left of his feet. "You're in Health and Pathology." That checked out; Dr. LeClair was the Section Chair. Clair Chair, Clair Chair.
「あなたは死に(croaked)かけていたからですよ」声はエミリ・ルクレア(Emilié LeClair)博士のものだった。彼女はいつも疲れているように見える白衣を着た中年女性で、今は彼の足元の左側に立っていた。「保健・病理セクションにいます」それは納得がいった。ルクレア博士はセクション議長(Chair)だった。 クレア議長、Clair Chair。

Someone's been fucking around in my head.
誰かが頭の中をこねくり回している。

"What tipped you off?" she asked.
「何が忠告してくれたんですか?」彼女は尋ねた。

He looked askance at her. "Uh?"
彼は彼女を疑念の目で見た。「え?」

"You said that out loud."
「大きな声でそう言っていましたよ」

"Uh." He shook his head. "Brain's not working properly. Feels like it just got off a long vacation."
「えっ」彼は頭を横に振った。「頭がちゃんと動いてません。長期休暇から戻ったばかりの感じです」

"Close enough." Dr. LeClair picked up a clipboard from the end of the bed, There's another good cliché, and paged through its contents. "We did give you a few hours off, retroactively."
「いい線行っていますよ」ルクレア博士はベッドの端からクリップボードを拾い上げ、 またよく見るやつだ。 中身を見ながらページをめくった。「確かにあなたに数時間の休みを与えました。遡及的にね」

"Meaning?"
「つまり?」

"Meaning we wiped over six hours of your memory." She snapped the clipboard back into place. "You just lived through the only industrial disaster we've ever had in AcroAbate, and you weren't happy about it."
「つまり、あなたの記憶から6時間分を消去したということです」彼女はクリップボードを畳み元の場所に戻した。「類を見ない玄除の産業災害の中であなたは生き残りましたが、それは幸運なことではありませんでした」

He frowned. "Okay."
彼は顔をしかめた。「オーケイ」

"No, you weren't okay, either. What you saw, they're calling a 'sustained cascade containment failure'. It killed seven people — everyone in AAF-D, in fact, except the one lucky guy with a hazmat suit and a tank full of voodoo goodoo all over him."
「いえ、あなたはオーケイでもありませんでした。あなたの見たものは『持続性連鎖的収容失敗』と呼ばれています。それで7名が死亡しました — 実際AAF-Dにいた全員です。1名の防護服を着て周りにのろいのゴミでいっぱいのタンクを持った幸運な人を除いて」

Seven people. "I don't remember any of that."
7名か。 「全く覚えてませんね」

"Of course you don't. You spent the first six hours raving like a madman, and the next eight sleeping off the amnestics."
「もちろんそうでしょう。あなたは最初の6時間気違いのように狂乱して、次の8時間は記憶処理で眠りこけていましたから」

He blew out a breath. "That bad, huh."
彼は息を吐き出した。「最悪ですね、はあ」

She nodded. "That bad. But you're looking good, now, physically — don't take that as a compliment — so you'll probably be up within the hour." She flicked a switch on a bedside monitor, and he belatedly realized he was covered with ECG leads. "You'll have plenty of time to get cleaned up."
彼女はうなずいた。「最悪です。ですが今は身体的には快調に見えますよ — お世辞には取らないでください — ですから1時間もしないで起きられると思います」彼女はベッド横のモニターのスイッチをはじき、彼はようやく自分が心電図誘導に覆われていることに気づいた。「体を洗う時間は十分にありますよ」

He scooched back against the pillow, careful not to dislodge the leads. "Cleaned up for what?"
彼は、誘導が外れないよう注意して枕にまで滑るように戻った。「体を洗うって、何のためです?」

"The award ceremony."
「授賞式です」

"They're still doing that?"
「まだやってるんですか?」

She shrugged. "Why not?"
彼女は肩をすくめた。「当然でしょう」

He opened his mouth to reply, then thought about what he might say. He usually did it in that order, which usually ended badly for him. "Uh. Dead people? Seven dead people, didn't you say?" He blinked. "Who were they?"
彼は口を開けて答えようとして、何と言おうか考えた。彼はよくその順番でやっていたが、よく失敗に終わっていた。「ああ。死者? 7名の死者と言ってましたね?」彼はまばたいた。「誰だったんですか?」

She gestured at the bedside tray; he recognized his off-duty PDA from the ragged rubber casing. "Check 43NET," she said.
彼女はベッド横のトレイを手振りで示し、彼は擦り切れたゴム製のケースから取り出された自分の勤務外用のPDAに気づいた。「43NETをチェックしてください」彼女は言った。

As he pulled the tray closer, she swung a curtain closed between them.
彼がトレイを近くに引いてくると、彼女は両者の間のカーテンを閉めた。


Asterisk43.png

8:57 AM


Ambrogi and Markey. He'd eaten lunch with them just the other day.
アンブロジー、マーキー。 彼は先日彼らとランチをとっていた。

Phil walked blithely into the bathroom door, roughly shoving it open. Gwilherm, Mukami and Radcliffe. He didn't know many S&C agents, but he knew those three. They'd bunked in the same hab as him.
フィルは手洗い場の扉に軽率に歩み入り、手荒に押し開けた。 ギルヘルム、ムカミ、ラドクリフ。 彼はそれほどS&Cエージェントを知らなかったが、その3人は知っていた。彼らは彼のように共同のハブで寝ていた。

Del Olmo and Wirth. The dull roar of the award reception dulled further behind him as the door swung shut. He leaned against it, just for a moment. He didn't know any researchers, but still… there was something eating away at him, now.
デル・オルモ、ワース。 大音量のくぐもった授賞式は、彼の後ろで扉が閉まるとさらにくぐもった。彼は一瞬だけ扉にもたれかかった。彼はどの研究員も知らなかったが、それでも……今、彼をむしばんでいるものがあった。

Survivor's guilt.
サバイバーズ・ギルトだ。

Nobody had said a word about the disaster since he'd left H&P. Nobody had mentioned the seven dead employees. They'd even talked circles around the cleanup in AAF-D. It was as though none of it had happened, or… mattered, really.
彼がH&Pを離れてから、誰も災害について一言も話さなかった。誰も7名の死んだ従業員を口にしなかった。AAF-Dの清掃さえも話題にされていなかった。まるでどれも起きていなかったか……実際、重要ではなかったかのようだった。

He pushed it out of his mind as he pushed off the door. He had other things to focus on, if he wanted to.
彼はこのことを頭から押し出して、扉を押しのけた。彼には焦点を当てようと思えばできる他のことがあった。

Three years.
3年。

He slid into a stall, latching the door behind him. Three years, and there's not even that many of us.
彼は個室に滑り入り、背後で扉に鍵をかけた。 3年、僕たちの多くはそれすらいかない。

As he unzipped, he realized there was a more scientific way to approach the issue. Thirty-five months, I've been here. They reset the employee numbers when I started, and I was the last hire out of sixty-four. This act of casual self-flagellation made it easier to release the flow. Ambrogi was the last of the new batch. JM415. That makes…
チャックを開けながら、彼はこの問題にアプローチするさらに科学的な方法があることに気が付いた。 35か月、ここにいる。僕が働き始めたときに従業員番号はリセットされて、僕は64人のうち最後に雇用された。 このカジュアルな自責の念は流れを出しやすくしていた。 アンブロジーは新入の集団の中で最後だった。JM415。つまり……

"Hmm…" he muttered, shifting his stance.
「うーん……」彼はつぶやき、姿勢を変えた。

…three hundred and fifty-one techs who started after me. So I don't get the stupid fucking award after thirty-five months; statistically, I'm completely average. He looked down. Completely average.
……351人の技師が僕の後に働き始めた。だから僕は35か月経ってもあのクソバカ賞をもらってない。統計的には完全に平均的だ。 彼は下を向いた。 完全に平均的だ。

He sighed, zipping up his pants and unlatching the door. If I don't get it after four hundred and fifteen months, I can start worrying. He glanced at the mirror, stuck one hand under the faucet and jabbed the soap dispenser with the other.
彼は溜息を吐き、ズボンのチャックを上げて扉の鍵を開けた。 450か月経ってもらえなければ、心配してもいい。 彼は鏡をチラリと眺め、片手を蛇口の下に出してもう片手でソープディスペンサーを叩いた。

Ambrogi and Markey. Gwilherm, Mukami and Radcliffe. Del Olmo and Wirth.
アンブロジー、マーキー。ギルヘルム、ムカミ、ラドクリフ。デル・オルモ、ワース。

The water started flowing automatically, fancy-ass place we live in, but the lever on the soap dispenser came loose when he punched it.
水は自動的に流れ始めた。 僕たちのいる場所はやたらと凝ってる。 しかし、ソープディスペンサーのレバーは叩いたときに外れてしまった。

"Come in and fix this, Azad," he snarled, surprised at the rancour in his voice. "Employee of the Fucking Month." He whacked the broken handle hard, and caught a violent burst of soap in his hand. He looked down, started to wash his hands, and looked up.
「来て直してくれ、アザド」彼は怒鳴り、自分の声に含まれた憎しみに驚いた。「月間優秀職員がよ」彼は壊れた取っ手を強く打ち、石鹸が手の上に暴力的に噴き出た。彼は下を向き、手を洗い始め、見上げた。


Asterisk43.png

9:17 AM


Noé Nascimbeni, Janitorial and Maintenance Section Chief, smiled wanly at him. Under normal circumstances his deeply lined, deeply tanned, deeply concerned face would have exerted a comforting effect; Phil had always described his boss as "Mario sans moustache" to anyone who would listen.
清掃・保守セクション長のノエ・ナシンベーニは、彼に向けて弱々しくほほ笑んだ。普通の状況だったなら、彼の深くしわが刻まれ、深く日に焼け、深く心配した顔は心地よい影響を発揮していただろう。フィルは、聞いてくれるような人にはいつも自身の上司のことを「口髭のないマリオ」と説明していた。

Normal circumstances, he thought wildly. Why did I ever think there would be normal circumstances here?
普通の状況か、 彼は荒々しく考えた。 どうしてここに普通の状況があるだなんて思ったんだ?

"Say that again," said Nascimbeni. He looked and sounded exhausted.
「もう一度言ってみな」ナシンベーニはそう言った。彼は見た目も声も疲れ切っているようだった。

"There was a monster in the washroom mirror."
「手洗い場の鏡にモンスターがいました」

"Uh-huh." Nascimbeni peered at him with sad, dark brown eyes. "What did it look like?"
「はあ」ナシンベーニは悲しんだこげ茶色の目で彼を見つめた。「見た目はどうだった?」

Phil shuddered. "Uh. Big, grey, ugly fuckin' space-zombie thing." He shook his head.
フィルは身震いした。「ああ。デカくて、灰色で、醜い宇宙ゾンビみたいな」彼は頭を横に振った。

"Language," Nascimbeni murmured.
「話し方」ナシンベーニはつぶやいた。

"Hideous," Phil continued, ignoring him. "Slits for eyes, slits for a mouth, all grey skin and bones, no hair. Looked like an alien corpse, mid-autopsy."
「おぞましくて」フィルは彼を無視して続けた。「目の切れ目と、口の切れ目があって、完全に灰色の肌で骨ばって、毛はありません。エイリアンの解剖途中の死体みたいな」

"Uh-huh. And what was it doing?"
「はあ。それで何をしていたんだ?」

"It was just… fuckin'… staring at me." Phil searched the other man's face for an explanation, any explanation. "And then it opened its… mouth, I guess, and it started… screaming."
「あれはただ……畜生……僕を見つめていました」フィルは説明のために、少しでも説明できるように他の人の顔を探した。「そしてその……多分口を開いて……叫び始めました」

"Screaming what?"
「何を叫んでいた?」


Asterisk43.png

"AMBROGI AND MARKEY! GWILHERM, MUKAMI AND RADCLIFFE! DEL OLMO AND WIRTH! AMBRO-"
「アンブロジー、マーキー! ギルヘルム、ムカミ、ラドクリフ! デル・オルモ、ワース! アンブロ—」


Asterisk43.png

"…just screaming," said Phil. He shuddered again.
「……ただ叫んでました」フィルはそう言った。彼は再び身震いした。

"I don't know what that means," said Nascimbeni.
「どういうことだかわからないな」ナシンベーニはそう言った。

Phil clutched the corners of the Chief's desk, leaned forward and screamed, incoherently, in his face.
フィルはセクション長のデスクの角をつかんで身を乗り出し、彼に向かって支離滅裂に叫んだ。

Nascimbeni stared right at him, straight through him, his expression suddenly blank.
ナシンベーニは彼を直接、真直ぐと見つめ、彼は突然無表情になった。

"I'm going to need you to write this up," he said.
「君にこれを書き上げてもらわなきゃならなくなる」彼は言った。


Asterisk43.png

9:42 AM


The All-Sections Chief looked across the desk at him coolly. He looked down at the report printout. He looked over Phil's shoulder at the framed photograph of his wife and two children on the bookshelf, with the unconscious ease of long habit, then looked back at Phil again.
全セクション長は、デスク越しに彼を冷たい目で見た。彼は報告書のプリントアウトに目を落とし、フィルの肩越しに本棚に置かれた額入りの妻と2人の子供の写真を見て、長い習慣となっている無意識の気休めをし、再びフィルを見直した。

"So, a mirror monster," he said.
「それで、鏡のモンスターですか」彼は言った。

Phil rubbed his face vigorously with both hands, as though washing it in an invisible sink. "I know how it sounds."
フィルは、まるで見えない洗面台で洗うかのように元気よく顔を両手でこすった。「どう思われるかはわかります」

The Chief shrugged. "Sounds pretty normal."
セクション長は肩をすくめた。「全く普通です」

Phil's jaw dropped; with his hands on both sides of his face, he knew he looked like… that kid, from that movie. What's it called. "What?"
フィルのあごは落ちた。顔の両側に手を当てていて、彼は自分がまるで……あの映画のあの子供のように見えるのがわかっていた。 なんて言うんだったか。 「何ですって?」

The Chief put the report in a manila envelope, which he then closed. He swung it around on his desk and reached into his suit pocket for a pen. "We've been seeing all sorts of local anomalies since yesterday." His voice was deep, clear and even; Phil felt saner just listening to it roll. "You should see the guy with the two-dimensional head."
セクション長は報告書をマニラ封筒に入れ、それを閉じた。彼はそれをデスクの上でひっくり返し、スーツのポケットからペンを取り出した。「私たちは昨日から様々な局所的アノマリーを見つけています」彼の声は深く明瞭で、平坦だった。フィルは声が続くのを聞くだけで落ち着いてくるように感じた。「あなたは平面の頭の人を見るべきです」

Phil laughed in spite of himself. It wasn't a very sane laugh, yet. "You can only see it from the front?" he suggested.
フィルは思わず笑ってしまった。ただ、さほど落ち着いた笑いではなかった。「それは正面からしか見れないんですか?」

The Chief shook his head, writing "SCP-XXXX" on the title line of the envelope in a neat, confident hand. Each stroke of each "X" was precise and perfect. "That would be fine. No, everyone who looks at him sees his head from the front, no matter which direction he's facing." He capped the pen. "Like a sprite in a video game."
セクション長は頭を横に振り、封筒の題名の行に整然として自信のある筆跡で「SCP-XXXX」と書いた。それぞれの「X」の一画一画は正確で完璧だった。「よろしいでしょう。いいえ、彼を見るものは誰も、面する向きにかかわらず正面からの頭を見るのです」彼はペンのキャップを閉めた。「ビデオゲームのスプライトのように」

Phil stared at him.
フィルは彼を見つめた。

"We'll monitor you for a few days. Make sure this mirror monster doesn't come back. In all likelihood it's localized to that washroom; worse comes to worse, we'll just shutter it."
「私たちは数日間あなたを監視します。その鏡のモンスターが戻ってくることのないようにしなさい。おそらくそれはその手洗い場に限定されています。最悪の場合、そこを閉鎖することになるでしょう」

Phil exhaled, loudly. "Thank you, sir."
フィルは大きく息を吐いた。「ありがとうございます、サー」

The Chief didn't respond.
セクション長は答えなかった。

Phil watched him for a moment. The Chief was a composed, unreadable man, but the look now on his face was the most composed, unreadable look Phil had ever seen.
フィルはしばらく彼を眺めた。セクション長は落ち着いた読めない男だったが、今の彼の表情はフィルが見た中で最も落ち着いた読めない表情だった。

The Chief reached under his desktop, and Phil heard a button twang. "Ms. Ferber."
セクション長はデスクの下に手を伸ばし、フィルはボタンがビインと鳴るのを聞いた。「ファーバーさん」

"Yes, Chief?" said a tinny, electronic voice.
「はい、セクション長?」金属質の電子音声がそう言った。

"Can you call Security and Containment to my office, please?" He sounded very calm.
「私のオフィスに保安・収容を呼んでいただけますか?」彼は非常に冷静なように聞こえた。

"Right away, Chief."
「ただちに、セクション長」

Dreading, and knowing, what he was going to see, Phil looked over his own shoulder at the polished coffee tree bookcase dominating the north wall of the Chief's office.
フィルは何を目にするか恐れつつも知っていながら、後ろを振り向いてセクション長のオフィスの北壁を占領する磨かれたコーヒーノキの本棚を見た。

He looked at the photograph.
彼は写真を見た。

It was no longer obvious what it was a photograph of, because the head and upper torso of the bathroom beast were superimposed on top of it, seemingly trapped within the glass. Its rictus was only slightly obscured by the reflection of the Chief's desk lamp.
もはや何の写真だったのか明らかではなかった。それは、手洗い場のけだものの頭と体の上半分が、ガラスの中に閉じ込められているように写真の上に重なっていたからだった。その口は、セクション長のデスクのランプの反射によってわずかに見えなくなっているばかりだった。

"Hello, Philip," said the thing in the photograph.
「ハロー、フィリップ」写真の中のものがそう言った。


Asterisk43.png

2020年

9月7日

9:42 PM


She seemed happier today. I wonder why?
今日彼女は普段より幸せそうだった。どうしてだ?

"She never thinks about you, Philip."
「彼女は決してお前のことを考えていない、フィリップ」

He shot the mirror on the bedstand a dirty look, then went back to scrolling the 43NET feed on his PDA. "You don't think so? I think Dr. Lillihammer sees me in her dreams, personally." He adjusted his position on the bed; his back hurt, a little.
彼はベッドスタンドの鏡に不快な顔を投げかけ、PDAの43NETフィードのスクロールに戻った。「そう思ってないのか? 個人的にはリリハンメル博士は夢の中で僕を見てると思うけれど」彼はベッドでの姿勢を直し、背中を少しだけ痛めた。

"You're wasting your time, Philip."
「お前は時間を浪費している、フィリップ」

"Well spotted."
「よく気づいたな」

"And you don't have much left."
「そしてお前にはさほど時間は残されていない」

He glanced at the mirror again. The apparition's mouth slit was quivering, but its eye slits were, as always, fixed on his face.
彼は再び鏡をチラリと見た。幻像の口の切れ目は震えていたが、目の切れ目は、いつものように顔に固定されていた。

"Suggestions?"
「提案は?」

The mirror monster regarded him evenly, as it had for nearly eighteen years. "Lie in your bed," it said. "Lie back and embrace oblivion."
鏡のモンスターは、およそ18年間してきたように彼を冷静に見つめた。「ベッドに横たわって」それは言った。「仰向けで忘却を受け入れろ」

Phil laughed, returning his attention to the feed. "That's so corny," he said. "Who uses 'oblivion' as a synonym for 'sleep'?"
フィルは笑い、注意をフィードに戻した。「まるでつまらないやつだな」彼は言った。「誰が『忘却』を『睡眠』の類義語として使うんだ?」

He scrolled down some more, then looked sharply back at the mirror.
彼はいくらかスクロールして、鏡を鋭く見つめなおした。

They stared at each other for a solid minute before Phil rolled out of bed, stepped into a badly-worn pair of sneakers and headed for the door.
2人は丸一分互いに見つめると、フィルはベッドから起き上がり、ひどくすり切れたスニーカーを履いて扉に向かった。


Asterisk43.png

9:53 PM


The fourth sublevel Habitation and Sustenance Section cafeteria was a vast, high-ceilinged space stretching out for half an acre of tables, chairs, garbage cans and clusters of more comfortable seating. The walls were gleaming, glazed green tiles, and the floor was sparkling stained grey concrete. Phil had always hated cleaning it, but he figured it was one of Doug's favourite rooms in the Site; there were two dozen mirrors, plus a wide variety of vending machines, light fixtures, and even shiny, waxed tables to apparate upon.
居住・扶養セクション第4サブレベルカフェテリアは広大な天井の高い空間で、半エーカーものテーブル、いす、ゴミ箱、そしてさらに快適な座席の大群が広がっていた。壁はつややかな光沢のある緑のタイルで、床はきらめく着色された灰色のコンクリートだった。フィルはここの掃除をいつも嫌っていたが、このサイトでダグが好きな部屋の1つだと思っていた。ここには2ダースもの鏡と、幅広い種類の自販機、照明、そして現れることのできるつやつやしいワックスのかけられたテーブルがあったからだ。

At this late hour the room was almost empty. From the double doors, in the dim fluorescent light, Phil could only see one table that looked occupied. He walked into the self-serve nook to search the cabinets, vaguely hankering for something microwaveable. Soup? Popcorn.
夜も更けると、部屋にはほとんど誰もいなかった。薄暗い蛍光灯の中で、両開き戸からフィルは1つだけ人のいるように見えるテーブルが見えた。彼はセルフサービスの片隅に歩いて行って、ぼんやりとレンジを使えるものを欲してキャビネットを探した。 スープか? ポップコーンだな。

"Evening, gents."
「こんばんは、紳士さん」

He looked back across the cavernous space, realized what he was looking at, and quickly closed the distance without remembering to shut the cabinet doors. "You're up late," he said.
彼は洞窟のような空間を振り返り、何を目にしているのか気づき、キャビネットの扉を閉めることも忘れてすぐさま距離を詰めた。「夜更かししてるね」彼は言った。

"Stupid thing to say, isn't it?" asked Amelia. "If you can see I'm up late, you're up late too."
「バカなこと言ってない?」アメリアはそう聞いた。「私が夜更かししてると思うなら、あなたも夜更かししてるでしょう」

She was sitting at a short green table beneath one of Doug's red-and-black mirrors, cradling a small styrofoam cup of noodles in both hands. She was still wearing her jumpsuit, and Phil suddenly realized he wasn't exactly at his best either in an old t-shirt, hooded sweater and track pants. Please don't let there be any holes I don't know about.
彼女は、ダグの赤と黒の鏡の下の低い緑のテーブルに座り、小さな発泡スチロールのカップ麺を両手で揺らしていた。彼女はいまだにジャンプスーツを着ていて、フィルは自分が古びたTシャツとフード付きセーターとトラックパンツを着ていてどちらも完全に最良の状態にないことにすぐさま気づいた。 自分の知らない穴を開けないでくれよ

"You don't have a 'best', Philip." Doug was already in the mirror.
「お前には『最良』などない、フィリップ」ダグはすでに鏡の中にいた。

Amelia pointed, raising an eyebrow quizzically.
アメリアは指さし、疑うように眉を上げた。

Phil sighed. "He says I don't have a 'best'."
フィルは溜息を吐いた。「僕には『最良』などないって言ってる」

She frowned as he sat down across from her. "That sounds like half a thought."
彼女は眉をひそめ、彼はその向かい側に座った。「考えの半分みたいに聞こえるけど

He nodded. "Mine."
彼はうなずいた。「僕のだ」

"Still psychic after all these years." She dragged the pot of noodles in a circle on the tabletop, still massaging it with both hands; the soup tossed and swirled. "It must be great, having someone who knows exactly what you're thinking about."
「これだけ経ってもまだ透心してるのね」彼女はテーブル上で麺のポットをいまだに両手でもみながら円く引きずり、スープは波立ち渦巻いた。「自分の考えてることが正確にわかる人がいるのはいいことでしょう」

"Yeah." Phil looked at the mirror; Doug was gone. He looked back, then right, then straight up; the spectre was hovering over him, its ghastly figure distended by the lens of a security camera dome on the ceiling. Welp, he thought. That feed'll be all fucked up tomorrow. He made a mental note to check it in the morning.
「ああ」フィルが鏡を見ると、ダグはいなくなっていた。彼は後ろを、右を、そして上を見た。亡霊は彼の上にとどまっていて、その青ざめた姿は天井のドーム型保安カメラのレンズによって膨らんでいた。 おおっと、 彼は思った。 明日にはあのフィードはメチャクチャになってるな。 彼は朝にチェックすることを心にとめた。

She was smiling sadly at him, and he had a sudden desire to say something uncoupled from any particular sense of what he might say. "We, uh. You haven't been in here much, lately."
彼女は彼に悲しげにほほ笑み、彼は突然言いたい特定の内容から離れたことを言いたくなった。「僕たちは、ええと。君は最近ここにあまり来なかったね」

The smile warmed significantly. "We used to come here a lot."
ほほ笑みは大いに優しくなった。「昔はよくここに来てたね」

"She pitied you."
「彼女はお前を憐れんでいる」

He gently nudged her finger, pointing up at the camera, back onto the side of the noodle cup. "Just imagine he's saying something mean about me. It won't be far off."
彼はカメラを指さしている彼女の指を小突き、彼女は指をカップ麺の側面に戻した。「ヤツが僕に意地の悪い言ってることを想像してみてよ。そんなに遠くはないはずだ」

She shrugged. "I can't think of anything mean to say about you."
彼女は肩をすくめた。「あなたに言いたいことは思い浮かばないよ」

He grinned. "Bullshit. You're nine-tenths snark."
彼はニコリとした。「いい加減な。9割がた皮肉(snark)だろう」

"That's it, Philip. Push her away."
「まさしくだ、フィリップ。彼女から離れろ」

She was grinning now, too. "You're the one with the snark. Or is he a boojum?"
今や彼女もまたニコリとしていた。「あなたがスナークと一緒にいるんでしょう。それとも彼はブージャムなの?」

"If he was a boojum, I'd have disappeared. And if he was a snark, I'd be hunting him. Not the other way around."
「ヤツがブージャムだったら、僕は消え失せてるよ。それとスナークだったら、僕はヤツを狩ってる。その逆じゃあない」

She looked down at the cup. "What sort of supernatural beastie do you figure he is, then?"
彼女はカップを見下ろした。「じゃあ、あなたは彼のことをどんな超自然的な獣だと思ってるの?」

"He's an anagazander."
「ヤツはアナガザンダーだ」

She looked up. "A what?"
彼女は見上げた。「だって?」

He felt sheepish. "It's from an old song my parents used to sing to me. The only thing I know about anagazanders is, they roar. Doug roars; he used to roar a lot, but now it's mostly warm-up roars in the morning." He adjusted his glasses. "These days he's more… existential horror. The evolution of the media is a glorious thing." He grimaced.
彼はきまり悪く感じた。「親が僕によく歌ってくれた古い歌に出てくるんだ。アナガザンダーについて知ってることは、吠えることだけだ。ダグは吠える。前はたくさん吠えてたけど、今はもっぱら朝にウォームアップで吠えてる」彼は眼鏡の位置を直した。「最近はもっと……実存的な恐怖になってる。メディアの進化は輝かしいものだよ」彼は顔をしかめた。

"I always thought of him as a predatory psychological complex," she said. "I guess it doesn't help that he has access to all your worries and phobias."
「彼のことは捕食性の心理学的複合体だとずっと思ってたけど」彼女は言った。「それでも彼があなたの心配とか恐怖症を全部理解できることにはならないでしょうね」

Phil ran one hand through his hair, conscious of how little there still was. "And my hopes. The worries and phobias I can deal with, but the hopes, not so much."
フィルは、残っているものの少なさを意識しながら、髪に手を通した。「それと僕の望みだ。心配と恐怖症は対処できるけれど、望みはそうでもない」

"Any hopes in particular?" Her voice was very quiet, now, her tone very soft.
「特にどういう望みが?」彼女の声は今や非常に静かで、トーンは非常に柔らかかった。

She was looking at him sadly again, and he couldn't quite bear it. "I hope some day they'll let me trade in my Employee of the Month Award for some vacation time."
彼女は再び彼を悲しげに見つめ、彼はそれにそれほど耐えられなかった。「いずれ、この月間優秀職員賞といくらかの休暇を引き換えてほしいんだ」

She bit her lower lip. "What?"
彼女は下唇をかんだ。「何て?」

"You've never heard me call him that?" He pointed up at the camera. "Maybe I should think of a new nickname. How do you feel about Long Service Award?"
「僕がヤツのことをそう言うの聞いたことなかった?」彼はカメラを指さした。「多分新しいニックネームを考えなきゃならないね。永年勤続賞はどう思う?」

She pushed the noodles over to his side of the table. "Here's your Long Service Award. You'll get a pizza at forty-two years."
彼女はカップ麺をテーブルの彼の側に押した。「永年勤続賞をどうぞ。42年目でピザを一枚もらえるよ」

"You're not hungry?"
「腹は減ってないのか?」

She shook her head. "These things are inedible. They've done tests." A few strands of hair came loose and caught on her features, and she started plucking at them. "Just wanted to warm my hands up."
彼女は頭を振った。「食べられないものなの。試験されたからね」数本の髪の毛が抜けて彼女の顔に引っかかり、彼女はそれをつまみ始めた。「手を暖めたかっただけ」

He nodded; he knew she had circulation problems.
彼はうなずいた。彼女に血行の問題があることは知っていた。

"Anyway, people ask stupid questions when you're sitting in the cafeteria late at night by yourself with no food." She pulled her hands up into her sleeves.
「ともかく、夜遅く食べ物もなしに一人でカフェテリアにいると、バカな質問をされるから」彼女は両手を袖に引き込めた。

He closed his fingers around the noodle pot and nodded. "Like, 'Why are you sitting in the cafeteria late at night, by yourself, with no food?'"
彼はカップ麺のまわりに指を折り、うなずいた。「例えば、『どうして夜遅くに食べ物もなしに一人でカフェテリアにいるの?』みたいな?」

She nodded back at him. "Yeah. Stupid questions like that."
彼女は彼にうなずき返した。「ええ。そんな風なバカな質問をね」

Their eyes met.
2人の目が合った。

"Amelia?"
「アメリア?」

Her eyes widened. She looked over his shoulder, towards the door, and gasped.
彼女は目を見張った。彼女は彼の肩越しに扉を見て、息をのんだ。

Phil swung around in his chair as a tall, dark-haired man in a labcoat walked into the cafeteria. He was handsome and fit, and walked with a studied self-assurance. He was at the table in seconds, but Amelia was on her feet even faster.
フィルが椅子から振り返ると、白衣を着た背の高い黒髪の男がカフェテリアに歩み入ってきた。彼はハンサムで壮健であり、わざとらしく自信を持って歩いていた。彼はものの数秒でテーブルに着いたが、アメリアはより早く立った。

Before Phil could say anything, the man reached out and cupped Amelia's chin with one hand, and Doug was already starting to speak when the man kissed her on the lips.
フィルが言葉を言える前に、その男は手を伸ばし片手でアメリアのあごを支え、彼女の唇にキスをしたときには、すでにダグは話し始めていた。

"You should stay and watch, Philip."
「お前はとどまって見るべきだ、フィリップ」

The kiss seemed to go on forever.
キスは永遠に続くように思われた。

"So you can think about it later."
「後で考えられるからな」


Asterisk43.png

9月8日

9:16 AM


"I told you," Eddie Simms crowed. "They're expanding the systems for Arms and Equipment!"
「言ったよな」エディ・シムズはわめいた。「奴ら兵器・装備のシステムを拡張してるんだよ!」

Phil nodded, nursing his cup of coffee.
フィルは1杯のコーヒーを少しずつ飲みながらうなずいた。

"That's more tech work for us," Eddie continued. "And guess who just got his SCPT-12 certification?" He jerked both thumbs at his own face.
「どっちかというと俺たちの技術仕事だろ」エディは続けた。「で、あいつのSCPT-12資格証明をもらったのは誰だと思う?」彼は両親指を顔に当てた。

Phil nodded.
フィルはうなずいた。

Eddie's thumbs remained in place.
エディの親指は同じ場所にあった。

Phil pointed at him. "That guy," he said.
フィルは彼を指さした。「あいつだ」彼は言った。

Eddie grinned. "Somebody's in a mood today."
エディはニヤリとした。「今日は誰か不機嫌なヤツがいるな」

The door to the Chief's office swung open, and Amelia Torosyan walked out with…
セクション長オフィスの扉が開けられ、アメリア・トロシヤンとともに歩み出たのは……

"Oh," said Eddie. "You two know each other?"
「えっ」エディはそう言った。「2人は知り合いなのか?」

Phil shook his head. "Bumped into him." He'd tried to end the sentence with "last night," but his mouth wasn't having it. "Doctor Niemenin."
フィルは頭を横に振った。「たまたま会ったんだ」彼は文章の最後を「昨夜に」で締めようとしたが、口はそう言わなかった。「ニエメニン博士だ」

"Nils Niemenin," said Eddie, watching the researcher sweep out of the break room with Amelia in tow. She glanced in their direction briefly, then looked up at Niemenin with a sudden smile. "The security expert from Site-19?"
「ニルス・ニエメニン」エディはそう言い、研究員がアメリアを従えて休憩室から出ていくのを見ていた。彼女は彼らの方向を少しだけ横目で見て、突然にほほ笑んでニエメニンを見上げた。「サイト-19の安全対策専門家だって?」

Phil watched them go. "Alliterative name. Strong jaw, too."
フィルは彼らが行くのを見ていた。「頭韻してる名前だ。あごも強い」

"Yeah, he's basically Superman. Jealous?"
「ああ。要はあいつはスーパーマンだ。うらやましいのか?」

Phil scowled. "Of?"
フィルは顔をしかめた。「あいつのことがか?」

Eddie laughed. "True! Who wants to be Superman these days? They'd put him in a containment cell lined with Kryptonite. Object Class: Safe." He leaned back in his chair. "I hear he asked for a transfer here to be with his fianceé."
エディは笑った。「全くだ! 今時誰がスーパーなんかになりたがるんだ? アイツはクリプトナイトで裏打ちされた収容セルに入れられるだろ。オブジェクトクラスはSafeだ」彼は椅子にもたれかかった。「アイツはフィアンセと一緒になりたくてここに異動したいって言ったらしいぜ」

"Fianceé, huh," said something using Phil's body to make Phil's voice.
「フィアンセか、ああ」フィルの声を生み出す部位を使った何かがそう言った。

Eddie looked at him for a moment, then shrugged. "Anyway, I hear he's starting in on the cameras in AAF-D today, got big ideas about increasing the resolution. I think he just wants to capture some fancy desktop wallpapers when the magic starts this evening." He glanced over Phil's shoulder; a lot of people had done that to him over the past eighteen years. "Hey."
エディは彼をしばらく見て、肩をすくめた。「ともかく、アイツは決意を固めるようなデカいアイデアを思いついて今日AAF-Dのカメラに手を付けてるらしい。多分今晩魔法が始まったときにいくらか奇想天外なデスクトップの壁紙でも撮りたいんだろ」彼はフィルの肩の先を見た。この18年で多くの人々が彼に対してそうしてきた。「なあ」

"What?"
「どうした?」

"Socketman feelin' alright?"
「ソケットマンは大丈夫なのか?」

Phil snorted. "Socketman, that's a new one." He turned in his chair; Doug was standing in a mirror on the far wall, staring at him. Staring at me is implied. He turned back. "Was he gurning behind me, or something? Making rabbit ears?"
フィルは鼻を鳴らした。「ソケットマン、そりゃ新しいな」彼は椅子で向きを変えると、ダグが向かいの壁の鏡に立って彼を見つめていた。 僕を見つめていることがほのめかされてるな 彼は向き直った。「僕の後ろで顔をしかめてたのか何かしてたのか? ウサギの耳でも作ってたか?」

Eddie shook his head. "No, I just… he's not moving his mouth."
エディは頭を横に振った。「いや、ただ……アイツは口を動かしてなかった」

"Well, he's not making any noise right now."
「ああ、今は何も騒音を出してないな」

Eddie nodded. "When did he stop?"
エディはうなずいた。「いつ止まったんだ?」


Asterisk43.png

2002年

9月12日

9:16 AM


It won't stop. Why won't it stop? It won't stop.
止まってくれない。どうして止まってくれない? 止まってくれない。

The thoughts hadn't been novel when he'd first thought them, innumerable lifetimes ago, and they were nothing but a madness mantra now, but he couldn't stop thinking them. As long as that incessant wailing didn't… cease, he couldn't take a mental breath and select a second thing to think.
遠い遠い昔に初めてそう考えたときにはその考えは真新しいものではなく、それらは今や狂ったマントラ以外の何物でもなかったが、彼はそう考えるのを止めることができなかった。この絶え間ない歔欷が……止まらない限り、彼は精神的な息継ぎができず次に考えることを選ぶことができなかった。

Why won't it stop? It won't stop.
どうして止まってくれない? 止まってくれない。

In the mirror on the containment chamber wall, the mirror monster was screaming its ugly head off. Its ugly head was thrown back, its ugly scars were wobbling as it warbled its awful, ugly song; he stared at it, glared at it, and noted without much caring that the scars seemed maybe an inch deep, and the flesh within them was a dull dark mauve.
収容チャンバーの壁の鏡の中で、鏡のモンスターは醜い頭を叫びたてていた。その醜い頭はのけぞり、おぞましく醜い歌をさえずるたびに醜い創は揺れていた。彼はそれを見つめ、にらみ、あまり注意せずに創がおそらく1インチほどの深さに見え、その中の肉はくすんだ深紫色であることを見つけた。

Eggplant, he thought, and he grasped at the thought as a drowning man grasps at a life preserver. Eggplant bastard from hell, eggplant monster, screaming eggplant. Eggplant.
ナスだ、 彼は考え、溺れる人が救命具をつかむかのようにその考えをつかんだ。 地獄からのおたんこなすだ。ナスのモンスターだ。叫ぶナスだ。ナスだ。

"Eggplant," he muttered. He couldn't hear himself.
「ナスだ」彼はつぶやいた。自分には聞こえていなかった。

"What was that?" said a voice from the ceiling.
「それは何ですか?」天井からの声がそう言った。

Phil uncoiled on the cot and stared up at the ceiling speaker from whence the non-screaming, non-eggplant voice had come. "Eggpl… eggplant," he said, haltingly. He wasn't even sure he was saying the right word, under the mirror monster's roar. He was even less sure how he'd heard the voice from the speaker, or how it expected to hear him.
フィルは簡易ベッド上で体を伸ばし、叫んでもナスでもない声を出した天井のスピーカーを見つめた。「ナ……ナスです」彼はたどたどしく言った。彼は、鏡のモンスターのほえ声の下では適切な言葉を言えているのか確信すらしていなかった。スピーカーの声をどうやって聞いたのか、スピーカーがどうやって彼を聞くことになったのかはさらに確信していなかった。

"Go on," said the voice from the speaker. He could definitely hear it.
「続けなさい」スピーカーの声がそう言った。彼は疑いようもなく聞くことができた。

"The scars," he said, slowly, taking great care with each syllable. "The scars are… eggplant. Purple. Under… underneath. Purple."
「創が」彼はゆっくりと、一言ごとに細心の注意を払って言った。「創が……ナスです。紫色で。下……下側が。紫色です」

"Your scars run darker and deeper, Philip," said the thing in the mirror. It was suddenly, blissfully, no longer screaming. Phil's ears weren't ringing, but his mind was.
「お前の創はより暗くより深く走っている、フィリップ」鏡の中のものがそう言った。それは突如として、この上なく幸せに、もはや叫んでいなかった。フィルの耳は鳴っていなかったが、心はいまだに鳴っていた。

"Oh," he said. "Oh, thank god, it stopped."
「ああ」彼は言った。「ああ、よかった、止まった」

"What stopped?" said the voice from the speaker.
「何が止待ったんですか?」スピーカーの声がそう言った。

Phil glared at it. "What stopped?" He jerked a wavering finger at the mirror. "Eggplant fucker stopped! He's been screaming for… I don't even know! How long has he been screaming for?"
フィルはそれをにらんだ。「何が止まったか?」彼は鏡に指を揺らして突き付けた。「ボケナスが止まったんだよ! ヤツはもう……わかんないくらい叫んでたんだよ! どんだけ叫んでたんだ?」

There was a pause.
静止があった。

"Describe this screaming."
「その叫びを説明してください」

Phil blinked.
フィルはまばたいた。

"Ask the last guy who asked me that, what I did." He winced. Poet laureate, Philip E. Deering.
「それを聞いてきた最後の人に聞いてください。説明しました」彼はたじろいだ。 桂冠詩人、フィリップ・E・ディアリング。

"Are you saying you can hear the anomaly?"
「あなたはアノマリーが聞こえると言っているのですか?」

He sat up, massaging his screaming haha, screaming muscles into a roughly human shape after who knows how long spent huddled in a fetal position. "Are you saying you can't?"
彼は起き上がり、果てしなく長い間胎児のようにうずくまった後に叫んでいる ハハ、叫んでいる 筋肉をもんでおおよそ人間の形にした。「あなたは聞こえないと言っているのですか?」


Asterisk43.png

9月13日

7:22 AM


He felt almost normal after the shower, and the fresh change of clothes. It wasn't his usual J&M jacket and pants, of course; it was, he noted, what humanoid containment subjects usually wore, a bright green jumpsuit with a distinct lack of pockets. But it wasn't filthy, and neither was he, and that went a long way towards restoring his sense of reality.
シャワーを浴びて新しい服に着替え、彼はほとんど通常通りに感じられた。もちろん、普段のJ&Mのジャケットとズボンではなく、人型の収容対象が普段着ている明らかにポケットのない明るい緑色のジャンプスーツであることに気づいていた。だが、それは汚らしくなく、彼自身もそうで、そのために彼の現実感の復旧に大きな役割を果たしていた。

The image of the eggplant monster on the shower floor, swimming in the pool that swirled around his feet, distending with the impact of each sheet or stream or drop of water, well, he was trying not to focus on that.
シャワー室の床にいるナスのモンスターの像は、足元で渦巻く水たまりの中を泳ぎ、水の層、流れ、しずくの衝撃ごとに膨張していて、そう、彼はそれを意識しないようにしていた。

Here's sweat in your eyes, he thought, as the guards led him back into the containment chamber. There was a shiny new black-and-white sign on the door: "SCP-5056." This made him feel even better, for some reason; he decided not to focus on that either.
ほら、あんたの目の中に汗だ、 彼が考えると、警備員が彼を収容チャンバーに送り返した。扉には「SCP-5056」と、新たなつやのある白黒の標識があった。どういうわけか、これで彼はさらに気が良くなった。彼はそれも意識しないよう決めた。

There were two doctors sitting at a metal table in the middle of the room. He recognized them both: Dr. Bradbury and Dr. Blank. They were research partners; Dr. Blank called them "the B&B Commission." He told everyone it was a history joke. He had to, because nobody got it.
部屋の真中の金属製テーブルに、2人の博士が座っていた。彼はどちらにも見覚えがあった。ブラッドベリ博士とブランク博士だ。2人は研究パートナーだった。ブランク博士は2人のことを「B&Bの委員会」と呼んでいた。彼は誰にでもそれが歴史的なジョークだと説明していた。誰も理解しないから、彼はそうせざるを得なかった。

Dr. Blank was a slovenly mass of dark brown hair with glasses. Dr. Bradbury's hair was silver, but she looked very young. Her skin was perfect.
ブランク博士は眼鏡をかけたこげ茶の髪のだらしない塊だった。ブラッドベリ博士の髪は銀色だったが、非常に若々しく見えた。彼女の肌は完璧だった。

"Don't even bother," said a voice to his left. The mirror was still on the wall; he refused to look at it.
「迷惑をかけてやるな」左側の声がそう言った。鏡はいまだに壁にかかっていて、彼はそれを見ないようにした。

Both doctors were smiling at him. The smiles seemed genuine enough. "Sit down," said Dr. Bradbury.
両博士は彼にほほ笑んでいた。そのほほ笑みは十分本物であるように思えた。「腰を下ろして」ブラッドベリ博士がそう言った。

Phil sat down.
フィルは腰を下ろした。

"So, here's what's going to happen," said Dr. Blank. "We're gonna try to to figure out where your new husband came from, and hopefully get you a divorce."
「で、今後行うことはこうだ」ブランク博士がそう言った。「君の新たな旦那がどこから来たのか解明し、あわよくば離婚させる」

Dr. Bradbury nodded. "We're going to run some tests. Nothing too taxing, nothing that should be dangerous to you. We need to know what we're dealing with."
ブラッドベリ博士はうなずいた。「いくらか試験を行うわ。それほど大変なものも、危険になるようなものもない。対処するものが何なのか知る必要があるの」

Phil squirmed. "And if you can't figure it out?"
フィルは身をよじった。「ならば解明できなかった場合は?」

Dr. Blank shrugged. "We'll let you pick out a colour for the chamber walls."
ブランク博士は肩をすくめた。「君に収容チャンバーの色を選ばせることになるだろうな」

Dr. Bradbury shook her head. "Not without a security deposit, we won't."
ブラッドベリ博士は頭を横に振った。「敷金でもない限りそんなことはしないわ」

Phil blinked.
フィルはまばたいた。

Both doctors folded their hands on the table simultaneously, still smiling at him.
両博士は同時にテーブル上で指を組み、いまだに彼にほほ笑んでいた。

To his surprise, he smiled back. "Alright. What's first?"
自分でも驚いたことに、彼はほほ笑み返した。「わかりました。何から始めますか?」


Asterisk43.png

12:52 PM


"████ ███ ████," Phil screamed.
「████ ███ ████」フィルは叫んだ。

"████ ███ ████! ████ ███ ███-████ ████!" Dr. Blank bellowed.
「████ ███ ████! ████ ███ ███-████ ████!」ブランク博士は怒鳴った。

"███ ███ ████ ██ █████████?" Phil cried, clawing at his ears. The screeching was everywhere at once. It was the only sound, the only thing in the entire universe. It was causing him actual, physical pain; his earbones were vibrating harder than they'd ever vibrated, his teeth were rattling on his jaw, his skull was buzzing like a sack of bees.
「███ ███ ████ ██ █████████?」フィルは泣き、耳を引きかいた。絶叫はすぐに至る所に広がった。それは唯一の音で、全宇宙で唯一のものだった。それは実際に肉体的な痛みを彼にもたらした。彼の耳の骨は今までの何よりも強く震え、歯はあごの上でガタガタと鳴り、頭蓋骨はハチまみれの袋のようにブンブン鳴っていた。

The test chamber's vault door finally swung open. In the hallway beyond, filling a mirror on the wall, the monster was shaking so intensely Phil couldn't even make out the craqueleured ridges of its eye-scars. Its madly fluttering mouth-scar, though, that he could definitely see.
試験チャンバーの金庫扉がついに開いた。通路の向こう側で壁の鏡を埋め尽くしているモンスターはあまりにも激しく震えていて、フィルは目創のひび割れた溝を見つけることができなかった。だが、狂ったように震えている口創は確かに見ることができた。

The apparition was staring directly at him; it had apparently been doing so through the vault door. They made "eye" contact.
幻像は彼を直接見つめた。それは金庫扉を通して見つめてきていたようだった。2人は「アイ」コンタクトをした。

It stopped vibrating, its mouth stopped fluttering, and the screeching also stopped.
それは振動を止め、口は震えるのを止め、 絶叫も止まった。

"██, █████ ███," said Dr. Blank. He was slouched against the open door, sitting on the floor.
「██, █████ ███」ブランク博士はそう言った。彼は開いた扉に向かってかがみ込み、床に座った。

Dr. Bradbury staggered into the containment chamber, a look of pained bewilderment on her face. "████ ██s that all a█out?"
ブラッドベリ博士はよろめきながら収容チャンバーに入り、顔には痛々しい混乱の表情があった。「██あれは何だっ█の?」

"My gue█s," said Dr. Blank, removing his glasses and rubbing his eyes, "█s that it doesn't like to be separated from Mr. Deering."
「多分█が」ブランク博士は眼鏡をはずして目をこすりながらそう言い、「█れはディアリングさんから離れるのが好きはないのだろう」

Phil worked his jaw in circles as his ears popped. He was blinking furiously.
フィルはあごを円を描いて動かし、耳がポキポキ鳴った。彼はせわしなくまばたいた。

"I think that's a safe bet," she said. Her face was streaked with tears. "At least this time we could hear the damn thing."
「それは確実だと思うわ」彼女は言った。彼女の顔には涙の痕が残っていた。「少なくとも今回に関してはこいつのことを聞けたわね」

Dr. Blank replaced his glasses. "We certainly could."
ブランク博士は眼鏡を付けなおした。「確かにできたな」

She leaned heavily against the chamber wall. "They heard it across the entire Site."
彼女はチャンバーの壁に完全にもたれかかった。「これはサイトの全体で聞こえたわね」

"I should think so."
「そうだろうな」

She shook her head, wincing as she did so. "No, I don't think you understand, Harry. They heard that across the entire Site."
彼女は先ほどのようにたじろいで頭を横に振った。「いや、あなたはわかってないわ、ハリー。これはサイトの全体で聞こえたわ」

Blank peered up at her. "…at the same volume, you mean?"
ブランクは彼女を見つめた。「……同じ音量で、ということか?」

She nodded. "Every single living thing in this complex."
彼女はうなずいた。「この複合体にいるあらゆる全ての生命体がね」

Blank blew out a breath. "Well," he said. "We're learning things already."
ブランクは息を吐き出した。「ああ」彼は言った。「もう学ぶことがあったな」


Asterisk43.png

9月16日

5:04 PM


Phil rubbed his face and yawned. "Sorry," he said.
フィルは顔をこすり、あくびをした。「すいません」彼は言った。

"Don't be." Dr. Bradbury was tapping away at an expensive-looking tablet computer; he was studying her face, trying to figure out how old she was. Silver hair, he thought. Perfect skin. "Containment is boring."
「そう言わないで」ブラッドベリ博士は高そうなタブレットコンピューターを打っていた。彼は彼女の顔をうかがい、彼女がいくつなのか推測しようとした。 金髪で、 彼は考えた。 完璧な肌。 「収容は退屈よね」

He sighed. "Boring, sure. I remember boring. You guys got any boring out there, you're not using?"
彼は溜息を吐いた。「退屈、そうですね。退屈は覚えてます。あなた方は他にも退屈なことがあるでしょうが、あなたは使ってないんですか?」

"She doesn't have anything for you, Philip," said the thing in the mirror. The mirror was on the table between them; it was facing the ceiling, so the apparition was planking in the reflection to keep its scars fixed on him.
「お前のためのものは彼女は持っていない、フィリップ」鏡の中のものがそう言った。鏡は2人の間のテーブル上にあり、天井を向いていたから、幻像は反射の中でプランクして創が彼に固定するようにしていた。

"Shut up," he whispered.
「黙れよ」彼はささやいた。

She looked up from her tablet, one silver eyebrow cocked quizzically. Before he could say anything, she said "It's speaking again?"
彼女はタブレットから見上げ、銀色の眉を疑わしげに片方上げた。彼が言葉を言える前に、彼女は「また話したの?」と言った。

He rubbed his temples. "No. Not 'again.' 'Still' is the word you want."
彼はこめかみをこすった。「いえ。『また』じゃありません。『まだ』が望ましい言葉です」

"Shame we can't hear it."
「聞こえないのが残念ね」

He laughed; the sound actually startled him. He hadn't heard it in days. Weeks? "You're not missing much. Unless you've got a burning need to hear about how much I suck."
彼は笑った。その音は実のところ彼を驚かせた。彼はそれを数日間聞いていなかった。数週間だろうか? 「あなたはよく気づいてますよ。僕がどれだけうんざりしてるか聞く必要に駆られない限りは」

"She doesn't want to hear anything about you, Philip," said the thing in the mirror. "She's heard enough."
「彼女はお前のことを聞きたくはない、フィリップ」鏡の中のものがそう言った。「彼女は十分に聞いている」

"What's it saying?" she asked.
「何て?」彼女は尋ねた。

He told her.
彼は彼女に伝えた。

She smiled warmly, slipping the tablet into her labcoat. "It doesn't understand science, then." She stood up. "That's probably for the best."
彼女は暖かくほほ笑み、タブレットを白衣に滑り入れた。「なら、あれは科学を理解してないのね」彼女は立ち上がった。「そうしてこそ最善の結果が得られるかもしれないのに」

"I'm starting to think I don't understand science either," he sighed. "Which might explain why I'm a janitor? But remind me what you're trying to prove, here."
「僕も科学を理解してないって思い始めてます」彼は溜息を吐いた。「もしかしたら僕が清掃員をしてる理由を説明してくれるんですか? ただ、あなたはこれで何を証明しようとしてるんでしたっけ」

The eyebrow again. "Remind me why I should explain myself to a janitor?"
再び眉が上がった。「どうして清掃員に自分の考えを言わなければならないの?」

He shrugged. "I'll be your best friend?"
彼は肩をすくめた。「あなたの一番の友人になるから?」

She tapped the mirror; the apparition didn't react. "You've already got a best friend. It's sat in here with you for two straight days. We'd like to know why; failing that, we'd like to know how far its patience stretches."
彼女は鏡を叩いた。幻像は反応しなかった。「あなたにはもう一番の友人がいるわ。2日間もあなたとここにいる。それがなぜなのか知りたいの。できなかったのなら、その忍耐がそれだけ続くか知りたい」

Phil looked at the mirror. He wasn't sure how to feel about that statement.
フィルは鏡を見た。彼はその言明をどう受け取ればいいか確信していなかった。


Asterisk43.png

9月18日

4:02 PM


"What happened?" Phil raised his hands in front of his face defensively. "What happened?" He could still hear her screaming.
「何が起きた?」フィルは身構えるように手を顔の前に挙げた。「何が起きた?」彼にはいまだに彼女の叫びが聞こえた。

"Against the wall!" shouted the agent in the black uniform. He was brandishing a taser.
「壁に手を当てろ!」黒い制服を着たエージェントが叫んだ。彼はテーザー銃を振り回していた。

"Put that thing down," snapped Dr. Blank, watching the assessment team carry Dr. Bradbury's stretcher out of the test chamber. They were wearing blue jackets with shoulder patches; the patches read "EPAU."
「そいつを下ろせ」ブランク博士は怒鳴り、評価チームがブラッドベリ博士の担架を試験チャンバーから運び出しているのを見ていた。彼らは肩に徽章の付いた青いジャケットを着ていた。その徽章には「EPAU」と書かれていた。

Emergency Psychiatric something Unit, thought Phil. What he said was, again, "What happened?"
緊急精神科学うんたらユニットか、 フィルはそう考えた。彼はもう一度、「何が起きた?」と言った。

Blank shook his shaggy, podgy head. "I don't know. Put that thing down, I said! Are you going to tase the janitor? Maybe you'd like to tase the mirror, instead? Get out of here."
ブランクは毛深いずんぐりとした頭を振った。「わからん。そいつを下ろせと言ったはずだ! お前は清掃員を撃つのか? それとも鏡を撃ちたいのか? ここから出ていけ」

The agent glared at Phil, but lowered the device and stepped back. Blank approached them; at the sound of clattering, he looked down.
エージェントはフィルをにらんだが、装置を下ろして身を引いた。ブランクは2人に近づいた。カチャカチャと音がして、彼は見下ろした。

He knelt briefly. When he stood up, he was holding Dr. Bradbury's glasses.
彼は少しひざまずいた。彼は立ち上がると、ブラッドベリ博士の眼鏡を手に取っていた。

He paused, then held them up to the fluorescent lights. Phil could see that the left lens was badly scarred, the glass… marred? engraved? with what looked for all the world like the silhouette of a head and upper torso.
彼は止まり、眼鏡を蛍光灯に持ち上げた。フィルは左のレンズがひどく傷んでいることがわかった。ガラスが……傷ついた? 彫りこまれた? 頭と体の上半分のようにしか見えないものによって。

"Doesn't like containment," Blank muttered. His hands were trembling as he shook out a thin plastic baggie and dropped the glasses into it. "Experiment's over."
「収容が好きじゃないようだ」ブランクはつぶやいた。彼の手は震え、彼は薄いビニール袋を振り広げてその中に眼鏡を入れた。「実験は終了だ」

He headed for the door. "I'll check on you later." As he rounded the corner, Phil saw him press his glasses into his forehead with both hands.
彼は扉に向かった。「後でお前のことを検査する」彼が角を曲がったとき、フィルは彼が両手で彼自身の眼鏡を額に押しているのを見た

"Tell her I'm sorry," said Phil, as the door swung shut.
「彼女にごめんなさいって伝えてください」フィルはそう言い、扉は閉まった。


Asterisk43.png

9月29日

11:14 PM


He stared at the ceiling; the ceiling stared back. "Don't you ever sleep?"
彼は天井を見つめた。天井も見つめ返した。「アンタは寝ることもないのか?」

The thing in the security camera glowered down at him. "Don't you?"
保安カメラのものは彼をにらみ下ろした。「お前はどうなんだ?」

Phil fought the urge to smile. It felt alien and absurd. "You've moved on from screaming to schoolyard backtalk? Is it your eighth birthday, or something?"
フィルはほほ笑みたい衝動を抑えた。それは異質でバカげているように感じられた。「アンタは叫ぶことから校庭での口答えに進歩したのか? 8歳の誕生日か何かか?」

"I was born when you were born," said the apparition. "Will I die, when you die?"
「私はお前が生まれたときに生まれた」幻像がそう言った。「お前が死ぬとき、私は死ぬのか?」

"Won't be my problem." Phil rolled over onto his side. The lights in the chamber were dim; a kilometre above him, it was the dead of night. "Maybe you can haunt my brother. I'm sure he'll outlive me."
「僕の問題にしないでくれ」フィルは寝返りをうって横を向いた。チャンバーの明かりは薄暗く、1キロメートル上では、真夜中が広がっていた。「僕の兄さんに憑いてもいいんじゃいか? 僕より彼のほうがきっと長生きする」

"Would he even notice? If you died?"
「彼は一体気が付くのか? お前が死んだときに?」

"Fuck off." Phil stared at the vault door. "You don't know anything about my brother."
「クソが」フィルは金庫扉を見つめた。「アンタは兄さんのことを何も知らない」

"How could I, Philip? You only ever think about yourself."
「どう知れと、フィリップ? お前は自分自身のことしか考えていない」

He cocked an eyebrow ceilingward. "That's rich, coming from you. 'Philip, Philip, Philip'. You're like a PR agent from hell." He closed his eyes.
彼は片眉を天井側に上げた。「それをアンタが言うとはな。『フィリップ、フィリップ、フィリップ』まるで地獄から来た広報担当者だ」彼は目を閉じた。

There was silence, for a moment.
しばらく、沈黙があった。

He opened his eyes.
彼は目を開いた。

"My brother's a scientist," he said. "Works for the Foundation, doing… I forget, honestly."
「兄さんは科学者だ」彼は言った。「財団のために働いて、分野は……正直覚えてない」

"He's forgotten you, too."
「彼もお前を忘れている」

Phil nodded. "Maybe. He's a real bigshot. Smart as hell… applied as hell."
フィルはうなずいた。「多分そうだな。彼は本当に大物だった。メチャクチャ頭がよくて……メチャクチャ応用できた」

"You were never as clever. You never worked as hard."
「お前は決してそれほどには賢くない。決してそれほどには熱心に働いていない」

"Right on both counts. But it doesn't matter… we grew up together." He smiled. "We… well. We grew up together."
「どっちもその通りだ。でもそれは問題じゃない……僕らは一緒に成長したからな」彼はほほ笑んだ。「僕ら……うん。僕らは一緒に成長した」

"And then he abandoned you."
「そして彼はお前を見捨てた」

"Right again." Phil scratched his back. "I haven't talked to him in… years, now, I guess. He's always busy, and I… I don't know. I've never really needed too many people. But he was always out there; I could've talked to him, if I wanted to."
「またその通りだ」フィルは背中を掻いた。「彼とはもう……数年間話してない。多分。彼はいつも忙しくて、僕は……わからない。僕はそんなに必要な人はいなかった。でも彼はいつも向こう側にいた。僕が望めば彼と話せたのかもしれない」

"And now you do, and now you can't."
「そしてお前は今望んでいるが、話すことができない」

Phil shook his head. "I'd like to know he's okay, at least? I even thought I saw him, just for a second the other day. It could've been any balding white dude, really." He paused. "It could have been him."
フィルは頭を振った。「少なくとも、彼が大丈夫なことは知りたいかな? この前、ほんの一瞬彼を見たようにさえ思う。実際にはただのハゲた白人だったかもしれないけれど」彼は止まった。「彼だったのかもしれない」

"It was him," said Doug. "He was here, and he ignored you."
「それは彼だ」ダグがそう言った。「彼はここにいた。そして彼はお前を無視した」

Phil nodded. "Maybe."
フィルはうなずいた。「多分な」

"Everyone ignores you."
「誰もがお前を無視している」

Phil smiled. "Not everyone." He rolled onto his back again. "Do you have a name, you hideous goober?"
フィルはほほ笑んだ。「誰もじゃない」彼は再び寝返りをうって上を向いた。「アンタには名前はあるのか、醜い間抜けがよ?」

"You know what I am," said the camera monster. "I'm your other half."
「お前は私が何なのか知っている」カメラのモンスターはそう言った。「私はお前の片割れだ」

"That's not a name, though."
「でもそれは名前じゃない」

It stared at him.
それは彼を見つめた。

"I'm going to call you 'Doug'," he said. "If you promise to stop jumpscaring me, you can call me Phil."
「僕はアンタのことを『ダグ』と呼ぼう」彼は言った。「僕をジャンプスケアで驚かさないって約束してくれるなら、僕のことをフィルって呼んでいい」

He closed his eyes. "Goodnight, Doug."
彼は目を閉じた。「お休み、ダグ」

"Goodnight, Philip."
「お休み、フィリップ」

It started to scream.
それは叫び始めた。


Asterisk43.png

10月4日

10:18 AM


"Home, sweet home."
「我が家だな、愛しの我が家」

Phil looked askance at Dr. Blank. "Dorm, sweet dorm."
フィルはブランク博士をいぶかしげに見た。「大部屋ですよ、愛しの大部屋」

"Suit yourself."
「勝手に言ってろ」

Phil dropped his bug-out bag on the floor and flopped down on the bed. "Freedom," he muttered. "Relatively speaking." He looked around the room. "Bigger than my old one."
フィルは床に非常用袋を落とし、ベッドにドサリと座った。「自由だ」彼はつぶやいた。「比較的だけれど」彼は部屋を見回した。「前の部屋より大きい」

"Lonelier, too." Blank kicked the bag under the bedframe. "You're not hotbunking anymore. No roommates, either." He pointed at a closed door across the room. "Even got your own toilet and shower."
「より孤独でもあるな」ブランクは袋をベッドフレームの下に蹴り入れた。「もう共用ベッドで寝ることはない。ルームメイトもいないぞ」彼は部屋の反対側の閉じた扉を指さした。「お前自身のトイレとシャワーが与えられてすらいる」

"No roommates, you say." Phil pointed at the full-length mirror beside the door; Blank glanced at it.
「ルームメイトはいないと言いましたね」フィルは扉のそばの姿見を指さした。ブランクはそれを軽く見た。

"Oh, well, yes. Looks like Super-Toy's settling right in."
「ああ、うん、そうだな。スーパートイがちょうど落ち着いたみたいだ

"Super-Toy?"
「スーパートイ?」

"Super-Toys last all summer long."
スーパートイは夏中保ち続ける

Phil shrugged.
フィルは肩をすくめた。

"Old sci-fi story."
「古いSF小説だ」

Phil shrugged again. "Everyone's staring at me," he said. "They're gonna be staring at me the entire shift, when I start." Doug suddenly vanished.フィルは再び肩をすくめた。「みんなが僕を見つめています」彼は言った。「仕事を始めたら、その間ずっと見つめられそうです」ダグは突然消えた。

"They won't even notice you," growled a voice from the bedside table. Phil flinched; he hadn't noticed the digital alarm clock with the reflective face.
「お前は気にもされない」ベッド脇のテーブルから声がうなり、フィルはたじろいだ。彼は反射面のあるデジタル目覚まし時計に気づいていなかった。

"They're all staring at me, too." Blank adjusted his glasses. "Because it's my crazy idea."
「皆は私のことも見つめている」ブランクは眼鏡を直した。「それは私の狂ったアイデアだからだ」

Phil ran his fingers down his face and blinked at the doctor. "You think it's a crazy idea, too?"
フィルは顔をなでおろし、博士に向かってまばたいた。「あなたもこれが狂ったアイデアだと思っているんですか?」

Blank nodded. "I do. But if it's more efficient than sanity, I'll go with crazy every time."
ブランクはうなずいた。「そうだ。だがもしそれが正気よりも効率的なことなのだとしたら、私はいつでも狂うことを選ぶ」


Asterisk43.png

3:32 PM


"Why won't it look at me?" Azad Banerjee stared at the mirror on the wall, transfixed. He was keeping his distance.
「何でアイツは俺のこと見ないんだ?」アザド・バネルジーは壁にかかった鏡を釘付けになって見つめていた。彼は距離をとっていた。

Phil pushed the mop head up against the wall, pulled it back, pushed it up, slowly converting the spotless floor into a shiny spotless floor. "It won't look at anybody, minus yours truly."
フィルはモップの先を壁に向けて押し上げ、引き戻し、押し上げ、シミのない床をつややかなシミのない床にゆっくりと変えていった。「ヤツは誰のことも見ようとしないさ。僕以外はな」

Azad shook his head. "I still can't believe this."
アザドは頭を振った。「まだ信じられねえや」

"Yeah, well. Join the club." Phil stretched, enjoying the familiar resistance of his old J&M jacket. It felt good to get out of the jumpsuit; he hated jumpsuits.
「ああ、うん。僕もそうだ(Join the club)」フィルは伸びをして、古ぼけたJ&Mジャケットのなじみの抵抗を楽しんだ。ジャンプスーツを脱ぐのは気持ちがよかった。彼はジャンプスーツというものを嫌っていた。

"Looks like a private club, from where I'm standing." Azad moved closer to the mirror, tensed up like a cat ready to spring back at a moment's notice.
「俺からしてみればプライベートクラブみたいだが」アザドは、一瞬で飛び跳ねる準備のある猫のように神経を張り詰めながら鏡に近づいた。

"Speaking of where you're standing," said Phil, returning the mop to its bucket.
「君からしてみたら、だって?」フィルはそう言いながらモップをバケツに戻した。

Azad glared at him. "Just because the eggheads think it's fine to let a mirror monster run rampant over the Site, doesn't mean I'm gonna give it a big hug."
アザドは彼をにらんだ。「インテリどもがサイトのどこでも鏡のモンスターがはびこるのは問題ないと考えたからってだけであって、俺がアイツにハグしたいわけじゃない」

Phil squeezed out the mop and rolled the bucket down the hallway, noting how Doug's eyes followed his every step. Any why not? You don't see a guy pushing a mop every day… unless you're a janitor's personal demon, that is.
フィルはモップを絞ってバケツを転がして廊下を進みながら、ダグの目が全てのステップをいかに追いかけているか気づいていた。 どうしてなんだ? アンタは毎日モップをかける人を見るはずはない……アンタが清掃員の個人用悪魔でもなければな。

"All your friends are dead," said Doug.
「お前の友人は皆死んだ」ダグはそう言った。

"What did it say?"
「なんて言ったんだ?」

"It said 'Do you know, Philip, what the most aggravating sentence in the English language is? It's 'What did he say?'' And you know, I think it's right?"
「『英文で最もしゃくに障る文は何か知っているか、フィリップ? それは「なんて言ったんだ?」だ』だと。僕がその通りだと思ってるのは知ってるか?」

"Somebody's touchy."
「短気な誰かさんだ」

Azad headed down the hallway and Phil ambled along behind him, shakily tracing a clean path with the mop. He noticed a sudden movement to his right, as Doug popped into existence on a fresh mirror mounted between two unmarked doors.
アザドは廊下を進み、フィルは彼の後ろに従って歩き、ふらつきながらモップでできたきれいな小道をたどった。彼が左手の急な動きに気づくと、ダグは2つのマークのない扉の間に取り付けられた真新しい鏡に現れた。

"I think I'm gonna be touchy forever," said Phil.
「僕はずっと短期なんだろうな」フィルはそう言った。

"You'll get used to it," said Azad, glancing down at his duty scrip and frowning. "Vending machines, seriously. Nothing important's broken right now?" He reached into his toolbelt.
「きっと慣れるさ」アザドはそう言い、仕事表に目を落とすと顔をしかめた。「マジで自販機かよ。今のところ大事なものは何も壊れてないのか?」彼はツールベルトに手を伸ばした。

"How am I gonna get 'used to it'?" Phil snapped.
「どうすれば『慣れる』んだよ?」フィルは言い返した。

Azad stared at the vending machine. It was a glass-fronted snack dispenser; the snacks were entirely obscured by a gaunt grey figure.
アザドは自販機を見つめた。それは前面がガラス張りの軽食自販機だったが、軽食はやせた灰色の姿によって完全に隠されていた。

"This is already a shitty job," said Phil. "Now it's a shitty job with a foreman I can't duck who occasionally screams at me."
「ただでさえひどい仕事だっていうのに」フィルはそう言った。「今はたまに叫んでくる避けようもない監督のいるひどい仕事だ」

Azad began removing screws from the vending machine, his eyes locked on the apparition. "Sounds like a pretty typical foreman to me." He smiled at Doug, weakly, as though trying to placate it. "Or maybe a wife."
アザドは自販機からネジを外し、その目は幻像に固定されていた。「俺にはめっちゃよくいる監督に聞こえるが」彼はダグに、なだめるかのように弱々しくほほ笑んだ。「それかカミさんか」

"Do you want a wife, Philip?" asked the thing in the glass, sneering with its scars. Azad briefly recoiled, then removed the final screw. "Do you want to be wanted?"
「妻は欲しいのか、フィリップ?」鏡の中のものが創であざ笑いながらそう尋ねた。アザドは少したじろぎ、最後のネジを外した。「求められて欲しいのか?」

"Call me Phil, asshole. Everyone else does."
「僕のことはフィルって呼べよ、クソッタレ。他のみんなはそうしてるんだぞ」

Azad swung the front of the vending machine open. Doug's image disappeared from Phil's view for an instant; when the back of the glass became visible, the apparition had already flipped around to face him again.
アザドは自販機の扉を開いた。ダグの姿はフィルの視界から一瞬だけいなくなったが、ガラスの背面が見えると、幻像はすでに反対に回って再び彼に面していた。

"Talking to yourself?" Azad asked.
「独り言か?」アザドは尋ねた。

"Yeah. I call myself 'asshole', asshole."
「ああ。自分のことは『クソッタレ』って呼ぶんだよ、クソッタレ」

"I might start calling you that, too." Azad attached a small electronic device to the interior of the machine, and tapped a few buttons on it.
「俺もアンタのことそう言おうか」アザドは機械の内部に小さな電子装置を取り付け、そのボタンをいくつか押した。

Phil felt a hand on his shoulder. He winced; he could remember when a sudden sensation like that would have sent him into the ceiling tiles. He looked behind him.
フィルは肩に手の感覚を覚えた。彼はたじろいだ。彼は、こういった急な感覚が彼を天井に持ち上げていたかもしれないときを思い出せた。彼は背後を見た。

The hand was Dr. Blank's. "How's it working out so far?"
その手はブランク博士のものだった。「今までのところアレはうまくやってるか?」

Phil shrugged. "Fine, I guess." He gestured vaguely at the hallway walls, decorated every few metres with black-and-red mirrors. "But this is a bit… much, isn't it? Not really our style?"
フィルは肩をすくめた。「大丈夫、だと思います」彼は、数メートルごとに黒と赤の鏡で装飾された廊下の壁を漠然と手振りで示した。「ですがこれはちょっと……多くないですか? あまり僕たちのスタイルではないのでは?」

Blank laughed. "I think the "S" stands for something else. We don't do 'style' here. We do security, and this is what security looks like."
ブランクは笑った。「「S」は別の単語の略だろう。我々はここでは『スタイル(style)』は作らない。保安(security)をする。そして保安というのはこのように見える」

"It looks like a funhouse," said Azad. "Without the fun."
「びっくりハウス(funhouse)みたいに見えるが」アザドはそう言った。「面白み(fun)のない」

Blank blinked. "We've considered the matter with care. And the matter is closed." He smiled briefly at Phil, and walked away.
ブランクはまばたいた。「我々は注意を払って問題を検討した。そして問題は打ち切った」彼はフィルに少しだけ微笑み、立ち去った。

Azad watched him go. "Asshole," he muttered.
アザドは彼が行くのを見ていた。「クソッタレ」彼はつぶやいた。

Phil shrugged. "Not used to talking to us lowlifes."
フィルは肩をすくめた。「僕ら底辺と話すのには慣れてないんだ」

"Subjects in containment get talked at all the time." Azad removed the device and swung the vending machine shut again, Doug inverting mid-swing.
「収容対象はいつでも話しかけられてるだろ」アザドは装置を外して自販機を再び閉じ、ダグは閉じる途中に反対になった。

"I'm not a subject in containment," said Phil.
「僕は収容対象じゃない」フィルはそう言った。

Azad grinned. "Sure you're not." He started replacing the screws.
アザドはニヤリとした。「もちろんアンタはな」彼はネジをもとに戻し始めた。


Asterisk43.png

2020年

9月8日

3:32 AM


He was standing in a long, pipe-lined hallway. The air was filled with sparks, with coruscating waves of pure light, with mathematical concepts and laughing rain. The air was closing in, and in mere moments there would be no room left for his simplicity, his mundanity, his —
彼は、長い、パイプの引かれた廊下に立っていた。空気は閃光で満たされ、純粋な光のきらめく波で満たされ、数学的概念と笑う雨で満たされていた。空気はのしかかり、わずかな間にそこには猶予がなくなっていた。彼の単純さのための猶予が、彼の俗世間のための猶予が、彼の──

Something grabbed him from behind. He turned, screaming silently, and fell face-first through the mirror.
何かが背後から彼をつかんだ。彼は振り向き、静かに叫び、鏡を通って頭から倒れた。


Asterisk43.png

10:27 AM


I wonder if I can swing one of those flex schedules. He prodded the heat register with his socket wrench. For when the night terrors come calling.
柔軟なスケジュールの1つでも自由に動かせればいいんだが。 彼は通気口をソケットレンチで突いた。 夜驚症がやってきたときのために。

"Deering!"
「ディアリング!」

Phil turned around. Nils Niemenin was strolling towards him, labcoat fluttering like Su-
フィルは振り向いた。ニルス・ニエメニンが彼に向かって歩み、白衣はたなびきまるでスー──

"-perman's cape," said Doug.
「──パーマンのケープだ」ダグがそう言った。

"I wasn't going to finish that thought," Phil snapped at the mirror.
「その考えを締めるつもりはなかったんだけど」フィルは鏡に言い返した。

"So, this is 5056." Dr. Niemenin walked right up to the mirror, and tapped it. "Hello, in there!'
「じゃあ、これが5056なのだね」ニエメニン博士は鏡まで歩き、鏡を軽くたたいた。「やあやあ、そこの君!」

"Good luck with that. He never so much looks at anyone but me." There was a strange edge to his voice; he realized that he felt vaguely proprietorial about the apparition. Oh, brother.
「せいぜい頑張ってください。彼は僕以外の誰のこともそんなに見ませんよ」彼の声には奇妙なトゲがあった。彼は自分が漠然と幻影の庇護者であると感じていることに気づいた。 ああ、兄さん。

"So I've heard." Niemenin continued to tap the glass. "Or, I should say, read. You two have had quite the experimentation history together! More than a dozen in just over two months. Of course, that was almost twenty years ago… not much interest, since."
「そのように聞いているよ」ニエメニンはガラスをたたき続けた。「あるいは読んだとでも言おうか。君たち2人とも中々な実験の歴史があるそうじゃないか! 2ヶ月で1ダース以上とか。もちろん、それは20年ほど前の話だ……だからそれほど興味はない」

Phil felt his pulse quicken. "You've read Doug's file."
フィルは心臓が早まるのを感じた。「ダグのファイルは見ていますよね」

Niemenin nodded, still tapping the mirror. "Yes, Doug's file. Interesting stuff. Bet you'd like to get your hands on it!"
ニエメニンはうなずき、いまだに鏡を叩いていた。「ああ、ダグのファイルはね。面白いものだった。君もきっと見てみたいのだろうね!」

Phil forced himself to shrug. He felt sick. "Not really. I prefer science fiction to science fact."
フィルは無理に肩をすくめようとした。彼は気分が悪かった。「そうでも。科学的事実よりサイエンスフィクションのほうが好きです」

"This thing's more like fantasy fact." Niemenin glanced at him momentarily. "Not that it's your fantasy, I suspect."
「これはどちらかと言えば空想的事実だ」ニエメニンは一瞬彼を見た。「君の空想、というわけではないだろうがね」

"I don't really have fantasies."
「そんなに空想なんてしてません」

As Doug began to speak — "At least none you want him to find out about" — Phil continued, focusing on the words in his mind because he couldn't hear them over the apparition's gravelly growl. "If we're being honest, he doesn't bother me much anymore."
ダグが話し始めても──「少なくとも彼に見つかってほしいものにはない」──フィルは続け、幻像のしわがれたうなり声でそれが聞こえなかったために心中の言葉に焦点を当てていた。「正直に言えば、彼のことはもうそんなに迷惑じゃありません」

Niemenin smiled — "His teeth are perfect" — and narrowed his eyes. "Are we being honest, though? Really?"
ニエメニンはほほ笑み──「彼の歯は完璧だ」──目を細めた。「だが私たち正直なのか? 本当に?」

Phil blinked slowly. "I am," he said. "You're not really saying much."
フィルはゆっくりまばたいた。「がです」彼は言った。「あなたはあまり多く話してません」

Niemenin turned to face him. "I don't really have that much to say to you. I didn't even know who you were until… Blank, I think, pointed you out."
ニエメニンは彼に向き直った。「君に話すことはたいしてないのだよ。しかも君のことは……ブランク、多分そうだ、が君を指さすまで知りもしなかった」

"We met in the cafeteria," Phil half-grunted.
「カフェテリアで会いましたよね」フィルは半ば不平を言っていた。

Neimenin cocked his head to one side. "Oh, that was you? I suppose I was focused on Amelia. I hope we didn't make things too awkward for you."
ニエメニンは頭を片方に傾げた。「ああ、あれは君だったのか? 私はアメリアに集中していたんだろう。私たちが君にあまり気まずいことをしていないことを願うよ」

"Not at all." Phil pictured the words in his mind and recited them one by one, fighting back a sudden taste of ashes in his mouth. "She seemed happy to see you." He felt like he'd just described a violent murder.
「どうも」フィルは心中に言葉を描き、それを1つずつ復唱し、口の中の突然の灰の味に抵抗していた。「彼女はあなたに会って嬉しそうでした」彼は暴行殺人を描写したかのように感じた。

"Trust me, she was." Niemenin grinned, adjusting his tie in the mirror with a bit of ducking and weaving. "She must have been lonely with nobody to talk to."
「実際、そうだったね」ニエメニンはニヤリとし、少々かがんだりくねったりしながらネクタイを鏡で直した。「彼女は話し相手がいなければ孤独なはずだ」

"Nobody to talk to," said Doug.
「話し相手がいない」ダグはそう言った。

"I wouldn't know," said Phil. "I always have somebody to talk to."
「わかりませんね」フィルはそう言った。「僕にはいつも話し相手がいます」

"Not much of a body," said Neimenin, tapping the glass one more time, "but I take your meaning. Most of us spend our entire lives wondering what makes us special, but you've got an all-day, every-day reminder right here. What more could a man ask for?" He chuckled; it rang false. "Still, can't be fun flying under everyone else's radar. I've heard so much about your friend here, but next to nothing about you. Besides what's in the file, of course."
大した内容ではないな」ニエメニンはそう言い、もう一度ガラスをたたいて、「でも君の言わんとすることはわかった。私たちのほとんどは自分を特別にしてくれるものを夢想しながら生涯を過ごしているが、君にはすぐここに毎日いつでもいるリマインダーがいる。人はそれ以上何を求められようか?」彼はクツクツ笑い、それはわざとらしく聞こえた。「それでも、他の誰かのレーダーのもとで飛ぶのは面白くはない。そこの君の友人についてはよく聞いたが、君については全く知らない。もちろん、ファイルに書かれてあるもの以外は、だ」

Phil looked away. "Yeah, no one else would've mentioned me." He didn't care how tellingly bitter that sounded.
フィルは目をそらした。「ええ、他の誰も僕のことを言及しないでしょう」彼はそれがおのずと厳しく聞こえることに気にしなかった。

"No one else ever has." Niemenin smoothed out his tie. "But that's a good thing. Around here, being noticed is a liability." He nodded dismissively, and walked away.
他の誰もそうだろうな」ニエメニンはネクタイを伸ばした。「でもそれはいいことだ。ここいらじゃあ、注意を集めるのは負債になる」彼は興味なさげにうなずき、立ち去った。


Asterisk43.png

5:35 PM


Amelia's jumpsuit was rumpled, her tousled hair hung down over her face and the bags under her eyes were darker than ever before. She yawned three times while Phil was giving his daily report; she apologized after each, but didn't look at him. He thought he caught her smiling softly a few times, but the smile disappeared whenever they made eye contact.
アメリアのジャンプスーツはよれ、ボサボサの髪は顔にかかり、目のクマは今までのどのときよりも濃くなっていた。フィルが一日の報告をしている間に彼女は3度あくびをした。そのたびに彼女は謝ったが、彼を見ていなかった。彼は何度か彼女が柔らかいほほえみを投げかけたと思ったが、アイコンタクトをとるたびにほほ笑みは消えた。

"Late night?" he asked, on the third occasion. What the fuck what the fuck what the fuck, he thought. Don't answer that!
「夜更かし?」彼は3度目のときに尋ねた。 やっちまったやっちまったやっちまった、 彼は考えた 答えないでくれ!

She nodded. "Yeah, been busy. Uh." She was clearly trying to think of something more to say to him, and failing.
彼女はうなずいた。「うん、忙しくて。うん」彼女は明らかに彼にもっと言うことを考えようとしていたが、うまく行かなかった。

"Just leave," said Doug. "She doesn't want you here."
「ここから去れ」ダグはそう言った。「彼女はお前がここにいることを望んでいない」

She pointed at the mirror. Phil shook his head. "He's speaking French, and I don't."
彼女は鏡を指さした。フィルは頭を振った。「アイツはフランス語を話してる。僕にはわからない」

She nodded again, obviously distracted.
彼女は明らかにぼんやりしながら再びうなずいた。

"I'd better go," he said. "Curfew's in an hour, and you're doing Chief Nascimbeni's duty this year." He smiled, squinting behind his glasses so he didn't have to see her face clearly. The smile hurt. "Don't catch any magic explosions."
「僕は戻るよ」彼は言った。「1時間したら外出禁止令が出るし、今年君はナシンベーニ セクション長の任務をするからね」彼はほほ笑み、彼女の顔をはっきり見る必要がないように眼鏡の奥で目を細めた。ほほ笑みはつらかった。「魔法の爆発に巻き込まれないでね」

"Phil?" she said.
「フィル?」彼女は言った。

He walked out of the office.
彼はオフィスを歩いて出ていった。


Asterisk43.png

5:44 PM


He glanced at his dorm room door, really seeing it for the first time in years. All the other doors had rectangular, black-and-white labels. His had a yellow-shaded octagon split into quarters, the top three each containing a single symbol. An eye, reflecting fire; a padlock; some sort of knotted thing. The bottom of the octagon was empty; below it, "SCP-5056" in bold.
彼は大部屋の扉をちらと見て、ここ数年で初めて本当に見た。他全ての扉には長方形の黒白のラベルがあった。彼のものには黄色背景の4分割された八角形があり、その上3つには1つずつ記号が入っていた。炎を反射した目と、錠前、結び目のついた何かだった。八角形の下は空だった。その下には太字で「SCP-5056」とあった。

He unlocked the door and pushed it open.
彼は扉の鍵を開けて押し開けた。

"Forget about her," said Doug. Phil didn't bother to check the mirrors. "She's already forgotten about you."
「彼女のことは忘れろ」ダグはそう言った。フィルはわざわざ鏡を見なかった。「彼女はもうお前のことを忘れている」

He kicked the door shut behind him; it slammed, loudly, in the frame. He wanted to cry. He wanted to shout. He wanted to —
彼は背後の扉を蹴って閉じ、扉はフレームにうるさくぶつかった。彼は泣きたかった。彼は叫びたかった。彼は──

There was a manila envelope on his dining niche table, next to his pens and pencils in the empty soup cup.
ダイニングニッチのテーブルの上の、空のスープカップに入ったペンと鉛筆の隣にマニラ封筒があった。

He didn't own any manila envelopes. On closer inspection, it looked a lot like the one the All-Sections Chief had used to file his report, all those hundreds of thousands of years ago.
彼は1枚もマニラ封筒を所有していなかった。詳しく見ると、全セクション長が報告書を閉じ込むのに使っていたものとよく似ていた。どれも数十万年前の話だった。

His heart skipped a beat when he saw what was written in the title field: "SCP-5056."
題名の欄に書かれたもの──「SCP-5056」──を見て、彼の心臓は一瞬止まった。

He picked it up and opened the flap. There was a thin stack of printouts inside, and he recognized the format immediately; until 2002, he'd sometimes liked to peruse the Clearance Level 1 files via 43NET before bed. They'd helped him fall asleep.
彼はそれを取り上げ、蓋を開けた。中には大量の薄いプリントアウトがあり、彼はそのフォーマットに一瞬で気づいた。2002年まで、彼は寝る前に43NETでクリアランスレベル1のファイルを読むのをたまに好んでいた。それは彼が眠りにつくのを助けていた。

Usually.
普段ならば。

There was a photograph clipped to the pages, a fuzzy, badly-sharpened image of a subway car with a familiar blurry silhouette visible in the door window. It looked like someone tall, thin and oddly-proportioned was standing outside the train as it sped along its underground track. It looked, he thought, fake as all hell. He glanced at the caption: "Enhanced detail from ultra-long-range photograph: SCP-5056-A within the Site-43 Inter-Sectional Subway System." That made sense. Doug loved to apparate on lenses, and he always wrecked them in so doing. They would've had to shoot the photo from far enough away that the monster couldn't manifest on the camera without abandoning Phil.
扉の窓によく見知ったぼやけたシルエットのある地下鉄の、不鮮明でひどくシャープになった画像の写真がページにクリップされていた。それは、背の高くやせたアスペクト比のおかしい誰かが、地下の線路で加速する電車の外で立っているように見えた。彼にはそれが甚だしくウソのもののように見えた。彼はキャプションをちらと見た。「超望遠写真から改善された詳細: サイト-43セクション間地下鉄網内のSCP-5056-A。」意味が通った。ダグはレンズに現れるのが好きで、彼はそうする中でいつもレンズを壊していた。モンスターがフィルを見捨てることなくカメラに現れられないほど十分に遠くから写真を撮らなければならなかったのだろう。

I must be just out of frame. I wonder when they took…
僕はフレームのすぐ外にいるんだろう。いつ撮られたんだろうか……

"Hang on," he said. 5056-A?
「待てよ」彼は言った。 5056-A?

He laid the photograph on the table and read the first line of the file. "Special Containment Procedures: SCP-5056 is contained by the Janitorial and Maintenance Section of Site-43." He had to smile; someone had clearly enjoyed typing that line. "Its position depends upon, is determined by, and may be directed via the work schedule of Philip Eugene Deering (JM64/SCP-5056-B)."
彼は写真をテーブルに置き、ファイルの最初の一行を読んだ。「特別収容プロトコル: SCP-5056はサイト-43の清掃・保守セクションによって収容されます。」彼は笑わざるを得なかった。誰かは確かにこの行を楽しんで打ち込んだだろう。「その位置はフィリップ・ユージーン・ディアリング(JM64/SCP-5056-B)の仕事スケジュールにより決定されており、方向づけることができます。」

His mouth went dry. What?
彼の口は乾いていった。 何だって?

"SCP-5056-B is confined to Site-43…" What?! "He is not to be apprised of his SCP status." WHAT?!
「SCP-5056-Bはサイト-43内に留められます……」 何だって?! 「彼にはそのSCPである立場を通知されません。」 何なんだこれは?!

He dropped the file on the table and sat down, heavily. He nearly missed the chair. That can't be right. That can't be right.
彼はテーブルにファイルを落とし、重く座り込んだ。彼は椅子を外しかけた。 本当のはずがない。本当のはずがない

"You and I, Philip. Two in one."
「お前と私だ、フィリップ。2人で1つだ」


Asterisk43.png

5:53 PM


It made a horrible kind of sense, and he had to admit he'd had his suspicions over the years. But to have it all spelled out for him in such clinical language, to actually see himself referred to as an object of study, of containment, one half of an anomaly…
それは恐ろしい感覚を与え、彼は長年疑惑を持っていることを認めなければならなかった。だが、それを全てこのようなクリニカルな言葉で説明するのは、自分自身を研究対象として、収容対象として、アノマリーの片割れとして言及するのを本当に見るのは……

"SCP-5056-B is a Caucasian male, 172 centimetres tall with brown eyes and thinning, greying brown hair." He stood up and walked over to the full-length mirror beside the door, still holding the file. He tilted his head, trying to see around Doug's naked, emaciated form.
「SCP-5056-Bは、身長172センチメートル、茶色の目と灰がかった茶色の薄い髪を有する白人男性です。」彼は立ち上がって扉のそばの姿見まで歩き、いまだにファイルを持っていた。彼は頭を傾け、ダグの裸のやせこけた姿のまわりを見ようとした。

"There's more grey than brown," said Doug.
「茶色というよりも灰色だ」ダグはそう言った。

There was a separate report wedged between the sheets:
シートの間に分けられた報告書が挟まっていた。

Risk Assessment: SCP-5056-B
リスク評価: SCP-5056-B

Philip Eugene Deering poses only minimal containment challenges. He is naturally introverted and antisocial, maintaining a small circle of friends and only rarely seeking out the company of others. After psychiatric evaluation and off-site conversations with concerned parties, I have reached the following conclusions:
フィリップ・ユージーン・ディアリングは最小限の収容課題しかもたらしていない。彼は生来内向的かつ非社交的であり、小さな友人の輪を維持し、他者とのかかわりを求めることはめったにない。精神鑑定とサイト外での関係者との会話を通して、私は以下の結論に至った。

1) Deering does not pose a flight risk;
2) Deering's surviving family members will agree to suspend contact with him indefinitely;
3) Deering's limited leisure requirements are easily fulfilled by existing on-site facilities;
4) Brief visits to the topside interdiction zone should satisfy Deering's intermittent need for natural environments and daylight;
5) The fiction that one month's lead-in time is required to plan any off-site vacations should keep Deering at Site-43 indefinitely, of his own volition, as he is poorly motivated and resistant to long-term planning;
6) Individuals with Level 3 Security Clearance or higher demonstrating close relationships with Deering, if any, must be given access to a variant of the Special Containment Procedures File for SCP-5056 which omits any mention of him as a component of the anomaly;
7) New personnel should be directed to Deering for orientation on the properties of his counterpart, to facilitate the maintenance of his social circle over time;
8) Embedded agents should periodically encourage personnel to pursue Deering romantically, where compatibility has been indicated by Hiring and Regulation Section cross-referencing; records show he has never made romantic overtures without direct prompting.
1)ディアリングは逃走リスクを示していない。
2)ディアリングの存命の家族メンバーは彼との連絡を無際限に停止することに同意すると思われる。
3)ディアリングの限られた娯楽要求は既存のサイト内施設で容易に満たすことができる。
4)上部立入禁止区域への短期間の滞在はディアリングの自然環境や日光の間欠的な必要を満たせるはずである。
5)サイト外休暇を計画するのには1か月の導入期間が必要であるという作り話は、ディアリング自身の意志でサイト-43に無際限に留められるはずである。これは、彼はやる気に欠け、長期の計画に抵抗があるためである。
6)ディアリングと親密な関係を示すレベル3セキュリティクリアランスを有する人物は、いた場合彼がアノマリーの構成要素であるという言及を除外したSCP-5056の特別収容プロトコルファイルのバリアントへのアクセス権を与えられなければならない。
7)新入職員は、ディアリングの社会の輪の時間をかけた維持を容易にするために彼にその片割れの性質のオリエンテーションを受けるよう指示されなければならない
8)秘密エージェントは職員にディアリングを恋愛的に求めることを定期的に奨励すべきである。その適合性は雇用・統括セクションの相互参照によって示されている。記録は、彼は直接の促進がなければ交際をしたことがないことを示している。

The above measures should be sufficient to maintain Deering's emotional equilibrium ad infinitum, facilitating the containment of SCP-5056 at Site-43 until his death from natural causes. At that point, obviously, reassessment will become necessary.
以上の方法は、ディアリングの感情的平静を無期限に維持するのに十分であるはずであり、彼の自然死までのSCP-5056のサイト-43での収容を円滑にする。現時点では、明らかに再評価は必要とならないと思われる。

- Dr. N. Ngo, 8 February 2003
- N・ゴ博士、2003年2月8日

He dropped it on the floor. His legs felt weak. The rest of the file washed over him like a tidal wave of shame, every sentence offering up a new insult: he was "reliable, amiable, melancholy"; he "engaged in brief romantic relationships invariably terminated by his partners"; he displayed "degraded responses to sudden audio and visual stimuli." By the end of the file, it was getting truly ridiculous.
彼は報告書を床に落とした。彼の脚は弱くなった。残りのファイルは把持の潮流のように彼に押し寄せ、どの段落も新たな侮辱を提供していた。彼は「信頼可能で親切かつ憂鬱」であり、彼は「短期間の恋愛を経験しており、いつもパートナーからその関係を解消され」ており、彼は「突然の聴覚刺激や視覚刺激に対する反応」を示さなかった。ファイルの終わりまでには、それは本当にバカバカしくなっていた。

He read a few of the final lines out loud: "His personal appellation for the apparition is "Doug," but when referring to it indirectly he prefers the term "my Employee of the Month Award." No such award has ever been granted to him, and in light of his present duties no such award is likely forthcoming."
彼は最後の行をはっきりと読んだ。「彼の幻像に対する個人的な呼称は「ダグ」ですが、間接的に言及する際は、「自分の月間優秀職員賞」という言葉を好みます。そのような賞は彼に与えられたことがなく、彼の現在の任務を考慮すると、この賞がいずれ与えられる可能性はありません。」

He tried to throw the file across the room, violently; it caught the air wrong, and fluttered to the floor in front of him like a black-dappled butterfly.
彼はファイルを部屋に荒々しく投げつけようとしたが、ファイルは空気を間違って捕らえ、彼の目の前で蝶(種類は後で調べる)のように床に舞った。

He clenched and unclenched his fingers.
彼はこぶしを締め、開いた。

He took a deep breath.
彼は深呼吸をした。

He looked back at the mirror.
彼は鏡を見返した。

"You and me, Doug."
「アンタと僕だ、ダグ」

No response.
反応はなかった。

"Eighteen FUCKING years."
「18年もの時間だ」

The apparition blinked.
幻像はまばたいた(blinked)。

Phil checked his watch. It was also blinking: 6:00 PM.
フィルは腕時計をチェックした。それもまた点滅していた(blinking)。6:00 PM。

He grabbed his PDA from the table, and headed for the door.
彼はテーブルからPDAをつかみ取り、扉に向かった。

Office.jpg
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License